腹痛 原因 治療

腹痛の原因と治療法

スポンサーリンク

あなたは腹痛で苦しんだことがありますか?
ありますよね?誰だって人生に一度は苦しんだことがあるはずです。
多くの方は、学校の授業中や、会社の重要な会議の最中に、お腹が痛くなり出して、困ったという経験をなさっています。
この腹痛の原因には、主にどのようなものがあるのでしょうか。
腹痛のタイプは大きく分けて3つになります。
内臓痛、体性痛そして、関連痛です。
1.内臓痛
胃、腸管等が収縮したり、拡張したり、痙攣するといった刺激を受けることで発症します。
そしてこの収縮、拡張、痙攣が連続されると、痛みも酷くなっていきます。
みぞおちからおへそにかけて、お腹全体が痛い、重い感じの鈍痛といった症状が多く見られます。
2.体性痛
ある箇所に炎症が起こることにより、横隔膜、腹膜、腸間膜等の箇所に鋭い痛みを感じるのが特徴です。
痛みが酷くなる場合、反跳痛(はんちょうつう)になっている可能性もあります。
反跳痛(はんちょうつう)とは腹膜炎の一種です。
この痛みに見舞われると、動くこともできず、その場に立ち止まってしまうことも多いのです。
体性痛は、時間が経つと収まるということがなく、外科の手術も必要とする場合が多いのが特徴でもあります。

3.関連痛
関連痛は、体性痛などで、ある箇所に炎症をおこしている刺激が強い時、別の部位にも起こる痛みです。
腹部以外にも、痛みが広がる場合があり、別名、放散痛ともよばれています。

スポンサーリンク

これら様々な種類の腹痛ですが、痛む箇所から病気をある程度、特定することもできます。
1.みぞおちの痛みが原因となる病気
食道、十二指腸、胃、心臓、膵臓(すいぞう)、胆嚢(たんのう)等の臓器に起こる可能性が高く、心筋梗塞、狭心症、急性胃炎、胃潰瘍、胃がん等の病気が挙げられます。
2.右上腹部痛が原因となる病気
肺、十二指腸、胆嚢(たんのう)、腎臓、肝臓等の臓器に起こる可能性が高く、尿管結石、急性肝炎、胸膜炎、胆石胆嚢炎等の病気が挙げられます。
3.左上腹部痛が原因となる病気
胃、膵臓、腎臓、肺等の臓器に起こる可能性が高く、胃潰瘍、胃炎、急性膵炎の病気が挙げられます。
4.おへそ周辺の痛みが原因となる病気
胃、小腸、十二指腸、子宮、卵巣等の臓器に起こる可能性が高く、胃潰瘍、胃炎、腸閉塞の病気が挙げられます。
5.下腹部痛が原因となる病気
小腸、大腸、子宮、卵巣、膀胱等の臓器に起こる可能性が高く、虫垂炎、急性腸炎、大腸がん、婦人科疾患、膀胱炎等の病気が挙げられます。
いずれにせよ腹痛を感じたら、放っておかず、かかりつけの医師に診察してもらい、正しい治療を早急に受けることが何よりも大事です。
このサイトでは、腹痛に関する症例を挙げて、詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてください。
どうぞお大事になさってくださいネ!

スポンサーリンク