妊娠初期 腹痛 右

妊娠初期の症状として右側を中心に腹痛を感じる病気について

スポンサーリンク

妊娠初期状態として腹痛を感じることは非常に多くなっていますが、その中で右側を中心に症状が出ることがあります。
一見するとこれは新しい病気の前触れと不安になる方がいますが、実はそうではなく母体の中の赤ちゃんの成長痛と呼ばれるものになります。
母体は新しい生命を宿すたびに少しずつ成長をしていき、その一環としてお腹が大きくなっていきます。
その場合において腹部の右側だけ痛みを感じることがあり、妊娠初期にこの症状を感じることがあります。
しかしそれは母体の赤ちゃんが元気に育っている証でもあるため、病気や流産といった心配は基本的にはないです。
また腹痛の種類についても色々あり、叩くようなものであったり突き刺すような痛みを感じることもあります。
痛みの種類については個人差がありますが、いずれにしても放置をしておいても基本的には問題ないことが多いです。
逆に赤ちゃんが元気に育っている証であるため、一定期間我慢することで自然に症状も治まることが多くなっています。

スポンサーリンク

 通常時であれば妊娠初期状態として右側を中心に腹痛を感じることについては、基本的には母体の中の胎児が元気な証拠となっています。
しかしこれが激痛を感じる場合には注意が必要であり、その時には別の病気を発症していることがあります。
虫垂炎という病気が発症することがあり、初期症状として腹部の右側から痛くなることが多いです。
ですが症状がさらに進行をすると重症化していき、お腹の中に膿が出来てしまうことがあります。
それによって血液中にバイ菌が入る形になり、最悪の場合には死亡してしまうケースもある病気となっています。
こういった可能性もあるため、痛みを感じた時に応急処置として自己判断を行う基準というものがあります。
基準として横になったりして一定時間休んだ後に、腹痛が治まるか否かであるという判断方法があります。
もしこの時点ですぐに治まれば病気ではありませんが、逆に痛みが継続して続く場合には虫垂炎の可能性があります。
その場合には産婦人科を受診して、すぐに治療を行う必要があるので注意が必要です。

スポンサーリンク