子供 腹痛 精神的

子供の精神的な原因からくる腹痛について

スポンサーリンク

体の痛みを感じる中で腹痛は仕事や学校などの日常生活に、支障をきたす場合もある症状です。
腹痛とは言っても様々な症状があり、原因も色々な要因が考えられます。
子供の腹痛で病院での診察を受けるのは外来全体の5%から10%とも言われていて、風邪などの症状から強い痛みを伴う腹膜炎などあります。
痛みを上手に説明できない場合も多く正確な診断が難しいとされる、子供の痛みの症状は早期の内に痛みの元を明確にしてから対処したいものです。
そこで最近子供がお腹が痛いと訴える原因として増加しているのが、精神的なストレスが大きな原因となる反復性腹痛です。
子供によく起きる、反復性腹痛についての説明をします。
どんな病気かと言うとお腹が痛い状態が少なくても1ヶ月に1度、多くの場合が毎日から週に1回から2回程度あり、その状態が3ヶ月以上に渡り継続して学校生活などに影響を及ぼします。
多くの場合熱や嘔吐や下痢などの一般的な症状は出ないで、お腹に差しこむような強い痛みが繰り返し起きる状態となります。

スポンサーリンク

この場合の多くが医師の診察で血液検査やレントゲンなどの、専門的な検査を受けても異常を発見出来ない場合が多く診断がとても難しい病気でもあります。
内蔵などに異常が見られる器質的疾患や内臓に異常が見られない、非器質的疾患に分類されます。
非器質的疾患の中で代表的なのが過敏性腸症と、心理的ストレスがあり精神的な痛みの原因となっています。
子供が毎日暮らす中で生活のサイクルが不規則な生活や乱れた食生活、人付き合いなどが上手く行かずストレスが溜まる状態の時に症状が現れます。
痛みは1時間程度で治まり週末や休日には、痛みを感じないなどの特徴があります。
普段の生活では症状は無いので、判断が非常に難しいです。
治療は実際に下痢や便秘などの強い症状が出ない為、薬で治療することは難しいです。
重要なのが精神的な影響が大きく左右する為、慎重な治療が重要となるので信頼出来る医師を見つけて、定期的に診察に通い相談しながら見守ることが必要です。

スポンサーリンク