嘔吐 下痢 熱なし 大人

大人で熱なしの下痢や嘔吐の症状が出る場合

スポンサーリンク

【大人の腹痛と下痢】
ある日突然お腹が激しい腹痛に襲われるのは辛いものですが、腹痛といっても、痛みを感じる部分や鈍い痛み、突き刺すような強い痛みなど痛みの度合いや場所はさまざまです。
下痢の時に伴う腹痛も同様で、排便によって落ち着く場合もあれば、排便後もずっと痛みが続く場合など症状も異なります。
腹痛のある下痢になったとき、まず大切なのは、下痢になった原因を探すことです。
2〜3日の出来事を思い返して食べ過ぎや飲み過ぎ、食当たり、身体を冷やしたなど思い当たることがあるか確認が必要です。
これらが原因の下痢には、下痢止めや整腸剤を服用して様子を見ることが良いです。

 

 

【腹痛と嘔吐】
突然起こる腹痛を総称して、急性腹症といいます。
急性腹症には急性胃炎、急性腸炎、などの病気があり腹痛とともに嘔吐などの症状もみられます。
嘔吐の場合は、1日安静にしていたり、市販薬を数日服用すれば治ることも多いです。
嘔吐の症状は生活する事が出来ないので嘔吐の場合は医師の受診をおすすめします。
嘔吐の場合は、細菌を飛散させる危険性もあるため、すぐに病院にかかるようにしてください。

 

スポンサーリンク

【熱なしの腹痛】
熱なしの腹痛が起こる場合もありますが、熱なしでも体力は低下していきます。
腹痛で下痢だと嘔吐などのイメージがありますが、高熱が出る場合もあります。
熱なしの場合でも原因を考える事が肝要です。
腹痛は熱なしでも下痢が起こる場合が多いです。
熱なしの場合は食あたりなども疑うことが良いです。
そのため、大人の方が熱なしでもお腹が痛いと感じたら、原因を考えるようにしましょう。

 

 

【大人の腹痛】
腹痛は、内科にかかる大人の患者さんが一番おおい症状だと言われています。
その原因もさまざまでありながら、重さも変わってくるため、下手をすると命にかかわる病気になる可能性もあります。
腹痛の原因になりうるのは、ストレスや生活習慣といったものから、ウイルス・細菌性のものまで有りますので、特に気を付けなければなりません。
やはり、腹痛を覚えることがあれば、すぐさまお医者さんにかかるようにするのも一つです。
大人が腹痛くらいで病院に行くのは恥ずかしいと考える大人の方もいるかもしれませんが、大人だからこそ、熱無しの腹痛に対して原因をはっきりとさせる必要があるのです。

 

 

スポンサーリンク