夜中 嘔吐 原因 大人

夜中に嘔吐の大人の原因について

スポンサーリンク

【夜中に大人が嘔吐する原因の感染症】
感染症にかかってしまった場合、その原因として、それが夜中に症状が出る場合があります。
大人の場合は、抵抗力が子供と違って強いので、そのように直ぐに発症することなく夜中に症状があることもあるのです。
そのことから、感染症ではないはいえません。
嘔吐をしてしまった時、ほかの家族などに感染しないように片付けるなどが大事です。

 

 

【食中毒の場合】
食事による食中毒は、それが原因として、だいたい2時間後ぐらいにその症状が現れると言われています。
そのため、もしかしたら、夜遅くにご飯を食べて、その時に嘔吐をしたら、その食中毒である可能性もあります。
残業で食事が遅くなった、残り物をおいていて、スーパーに行くことができずにそれを食べてしまったなど、大人の場合にはこうしたケースも考えられるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【逆流性食道炎の場合】
夜中に寝ていて、嘔吐をしそうになる、喉のあたりがもやもやするなど、大人の場合はそんな症状になることがあります。
その原因としては、逆流性食道炎があります。
逆流性食道炎は、夜中に胃酸が逆流することによって、嘔吐をする原因となるのです。
夜中に寝ることによって、逆流をしやすくなりますね。
その時に、嘔吐をすることがあります。
それは子供にはほとんどなく、大人の病気である可能性が大きいです。
その原因を放置すると、ますますひどくなる事もあるので、必ず病院を受診して、その原因に対して対処をするようにしましょう。

 

 

【夜中に大人が嘔吐する原因の十二指腸潰瘍】
十二指腸潰瘍の場合も、圧倒的に大人がなる病気です。
大人は、仕事やその他のことでストレスが多く、その結果で十二指腸潰瘍になることがあります。
その十二指腸潰瘍も、放置をすることは危険です。
ひどくなると潰瘍部分が、出血をすることもあります。
大人が嘔吐しそうになる、嘔吐をするという場合は、そのような疾患も隠れていることがあるので、病院を受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク