食中毒 抗生物質 種類

食中毒や抗生物質による腹痛とその種類について

スポンサーリンク

【腹痛と食中毒】
食中毒の原因は、細菌によるものやウイルスによるもの、原虫によるもの、化学物質、自然有害物質によるもので5つに分類されます。
そのほとんどが口から取り入れたことによって、体内で不調を来たします。
身近なものであれば、生魚や生肉、腐敗したものを口に入れることが原因とされます。
食中毒の症状としては、腹痛や下痢、嘔吐などありますが、食中毒では身体を動かす事もしにくくなってしまいます。
食中毒の治療としては、基本的に安静にして身の周りを清潔に保ち自然に回復を待つのが基本です。
食中毒の二次感染を防ぐために感染経路を調査して家族や周りの方への被害を最小限に食い止めることも必要となります。

 

 

【抗生物質と腹痛】
風邪などで病院に行くと、抗生物質を処方してもらうことが良くありますが、抗生物質によって腹痛に悩ま事が多いです。
抗生物質を飲んで腹痛をしてしまう原因と対処法について理解しておく事が肝要です。
抗生物質の役割はウイルスを退治することではありません。
細菌に対しての効果は持っていますが、あくまでもそれにしか効かないため、その認識を持っておくことが大切です。

 

また、抗生物質は、体を悪い細菌から守るために使われており、その用途には飲み薬だけでなく、塗り薬ということもあります。
そして、体内に投与しても問題ないもののため、点滴液に用いられているケースもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【腹痛の種類】
生活をしていると腹痛に悩まされる事もありますが、腹痛には種類があります。
種類として、お腹の中の変化や異常により起きる内臓性腹痛と、緊張や不安、ストレスにより起きる心因性腹痛とがあります。
腹痛の種類について理解しておくことが肝要で、治療法も異なります。
腹痛の痛みの種類によっても治療法がことなるので、種類を理解して医師に伝える事が良いです。

 

 

【腹痛のまとめ】
腹痛は誰にでも起こるもので、いきなり痛みに襲われる場合もあります。
食中毒や抗生物質の服用など原因や種類を理解して、安静にしている事が良いです。

 

 

スポンサーリンク