腹痛 原因不明 激痛

腹痛が起こった時の対処法 原因不明の激痛の場合

スポンサーリンク

原因不明の急な腹痛が起こったら、痛みの現れ方をまずはチェックする必要があります。
痛みの現れ方は、実際に原因を特定する上でかなり役立つ判断材料となるのです。
激痛の場合には、時に救急車を呼ぶ必要が出てくることもあります。
救急センターなどに連絡をする際に、自分の痛みの詳細を伝えられれば、そういった症状に対応出来る病院に搬送してもらえる可能性が高くなるのです。
痛みの現れ方として多いのが、筋肉の収縮による痛みです。
腹痛でこういった痛みが現れたら、胃や腸の病気の可能性があります。
この手の痛みは周期的なサイクルで繰り返すのが特徴です。
筋肉の収縮は、温めることで和らぐことがあり、このような痛みが現れたら、部分的に温めてみるのも一つの対処法なのです。
婦人科の病気の場合にも、このような収縮性の痛みが現れることがあります。
激痛の際には、広範囲に痛みが広がる可能性があるため、場所の特定には慎重になる必要があるのです。

スポンサーリンク

臓器が何らかの炎症を起こしている場合には、腹痛の生じ方がやや異なります。
例えば、胆嚢などに炎症があると、一般的に持続する痛みが起こってくるのです。
この場合には患部は温めず、むしろ冷やすことを考えた方が良いと言えます。
いずれにしても、このような炎症を疑われる痛みの場合には緊急性があることが多く、救急車を呼ぶことも視野に入れておく必要があるのです。
原因不明の腹痛が起こった場合には、まずは慌てないことが大切です。
医療相談センターや救急センターなどにまずはコンタクトをとり、適切なアドバイスや医療機関の紹介などを受けることが必要となります。
状況によっては、救急車の出動もあり得るため、受診の準備なども簡単に整えておくと慌てずに済みます。
こういった時には、本人も家族もパニックに陥らないということが非常に大切になるわけです。
日頃から緊急時の相談窓口などを確かめておくと、いざという時に早めに手を打つことが出来ます。

スポンサーリンク