腹痛 下痢 長期間

腹痛による下痢が長期間継続される病気について

スポンサーリンク

基本的に腹痛を感じるようになるとお腹が緩くなることがあり、それによって下痢を誘発して排便も同時に水っぽくなってしまうことがあります。
通常時であればこれが短期間で解消されますが、中にはこれが長期間継続される場合もあります。
この場合には単なる腹痛によるものではなく、過敏性腸症候群と呼ばれる病気である確率が高いです。
この病気は慢性的な腹痛や下痢によって発生することがあり、短期間ではなく長期間症状が続くことが多いです。
原因としては環境の変化や仕事などによるストレスが引き金となることが多く、自律神経が乱れて腸の動きに異常が発生します。
その影響によって便の状態が変化していくことになり、下痢を発生させてしまうことがあります。
また悪化すると食欲不振や吐き気も感じることがあるので、色々と注意が必要な症状となっています。
発症率については子供から大人までかかりやすいため、急な環境の変化などが合った場合には注意する必要がある病気となります。

スポンサーリンク

 長期間の腹痛や下痢が継続してしまう状態として、過敏性腸症候群という胃腸の病気にかかってしまうことがあります。
原因としてストレスが増加することで発生しますが、今度はこの病気の治療方法について説明をしていきます。
治療法については自己ケアでは治ることはないため、内科か胃腸科や消化器内科を受診していきます。
そこで医師に診断されることで治療を行っていきますが、多くの場合には整腸剤を処方されることが多いです。
ですがそれだけではなく食生活についても改善を指示されることが多く、主に食物繊維をたくさん取ることが良い傾向があります。
食物繊維は便秘解消効果がある成分なので、多く補給することで通常の排便状態に戻していく事が出来ます。
同時に整腸効果のあるヨーグルトも勧められることが多いため、コンビニやスーパーなどでこれを購入していきます。
内科などのクリニックではこういった治療法が行われるので、万が一症状が長期化してもきちんと対応をしてくれるので安心です。

スポンサーリンク