3歳 腹痛 熱

3歳児による腹痛や熱の症状についての説明

スポンサーリンク

大人や成人であれば腹痛や熱があると感じた場合において、適切な対応や治療を行うことが出来るようになっています。
しかし3歳児ではやっと言葉が少し話せるくらいとなっており、腹痛という病気や症状について上手く表現出来ないことがあります。
そこでそういった場合にどうすれば良いか説明をしていくと、基本的に自分の子供の様子をよく見ておくことが大切です。
例えば痛み出したのが食事を取ったすぐであれば、それは食べすぎによる一時的な症状であることが多いです。
3歳児くらいの子供は大人に比べて食べすぎてしまうことが多いので、ちょっと目を離すとすぐにお腹を壊してしまうことがあります。
こういった時には自然に治ることが多いため、特にクリニックや病院などに連れていく必要もないです。
ですが何もしないで良いという訳でもなく、子供を横に寝かせるといったことが必要になります。
横に寝かせることでお腹を休めることが出来るため、症状を訴え始めた場合には冷静に対応することがポイントです。

スポンサーリンク

 3歳児が自宅で腹痛や熱を訴えている場合において、通常時であれば食べすぎによることが多いのが原因となってします。
そのため一時期的に症状が治まることが多いですが、中には応急処置だけでは済まないケースもあります。
それは中々腹痛の痛みが治まらずに症状が悪化する場合は、嘔吐が発生して脱水症状などが発症した場合についてです。
こういった場合には食べすぎではなく病気の可能性が高いため、すぐにクリニックに連れていくことが大切です。
主に小児科でこういった病気の診断を行っており、そこで適切や治療を受けて薬を処方してもらいます。
なので親の心情としては薬を飲ませたい気持ちになりますが、自己判断はしないで医師の指示を仰ぐことがポイントです。
これは夜や土日に発症した場合も同様であり、平日になったら午前中のうちに医師に診せることが重要となります。
不必要に薬を与えると逆効果になってしまうため、この内容については予備知識として覚えておくといざという時に活用出来ます。

スポンサーリンク