子供 腹痛 食後

子供が発生することが多い食後の腹痛についての説明

スポンサーリンク

基本的に腹痛を感じることのは食後となっている傾向があり、それは大人だけでなく子供にとっても共通要素となっています。
しかし中には子供特有の病気が原因となっていることもあり、それはどういったものであるか説明をしていきます。
病名は反復性腹痛と呼ばれている病気であり、へその上部や上腹部において痛みを感じることが多いです。
痛みの種類については個人差があり、鈍い感じの場合もあれば突き刺されるような場合もあります。
発症原因についてはいまだはっきりしていませんが、強いストレスを感じている時に発生率が上昇することが多くなっています。
また睡眠後には痛みが治っていることが多く、朝起床時には症状が完治していることが多いのも特徴となります。
そのため周りの目からは病気ではなく仮病と思われることもあるため、その点については十分に注意が必要です。
このように食後にこういった特有の病気が発生することが多いので、保護者は子供の体調管理については十分に行うことが大切です。

スポンサーリンク

 子供特有の病気として反復性腹痛と呼ばれる病気があり、主に食後に発生することが多いのが特徴となっています。
通常の腹痛であれば食事療法を中心に改善させていきますが、この病気の場合にはどうすれば良いか説明をします。
この病気の場合には食事療法では改善されることはなく、主に精神的または生理的な問題が引き金となっていることが多いです。
これは消化器系の機能が一時的に活発になっていることが要因であり、食事の種類や内容については問題ではないです。
よって基本的に薬を使用して治す必要はないため、痛みを感じ始めたら横に寝かせるといった対応でも大丈夫です。
ですが極端に痛みを訴える場合においては、鎮痛剤などを服用させる方法があります。
しかし治療のためとはいえ長期的に服用するのも良くないため、あくまでも一時的な応急処置として行うのが良いです。
また子供によっては学校に行く前に発症することもありますが、保護者はそういった場合にも冷静に対応することが必要となっています。

スポンサーリンク