胃痛 腹痛 下痢 血便

胃痛や腹痛と同時に下痢や血便の症状がある場合について

スポンサーリンク

人は強いストレス増加や偏った食生活などを送っていると、時にそれが胃痛や腹痛という症状を発生させることがあります。
ですが時にはそれだけではなく、下痢や血便といった症状も同時に発生させるケースがあります。
こういった症状が同時に出る場合においては、クローン病という病気を発症している可能性があります。
この病気の特徴として下痢や血便が出ることがあり、それ以外にも急に体重が減少していくこともあります。
国ではこの病気を難病と指定をしている傾向があり、一度発症すると治療や完治するのが難しくなっていきます。
主に大腸や小腸の粘膜に炎症や傷が付くことで発症するため、体の外側ではなく内側に発生する病気となります。
発症原因については遺伝やウィルスといった要因の他に、血流障害によっても発生することがある病気となっています。
特に若年層に比較的多い病気となっており、中高年よりも発症率が高くなっているのが特徴でもあります。

スポンサーリンク

 胃痛や腹痛と同時に下痢や血便が出ることがある病気をクローン病と呼ばれており、原因としてウィルスや血流障害だとされています。
一般的に若い方ほど発症率が高くなりますが、実際にかかった場合においては消化器内科を受診して治療や手術を行っていきます。
そこでレントゲン検査や内視鏡検査を行っていき、原因や発症理由について調べていく流れとなります。
基本的にこういった検査を終了した後において、適切な治療を行っていくことが多いです。
一般的に薬物療法が中心となっており、主に炎症を抑えるための抗菌薬が服用されることが多くなっています。
ですがこれらの症状が極端に進行している場合には、手術を行って治療を進めていくケースもあります。
また原因としてウィルスが関係していますが、真面目で几帳面という性格の方も発症しやすい傾向があります。
そのため若年層で真面目が性格の方については、常にこういった病気にかかりやすい体質であるため生活については気を配る必要があります。

スポンサーリンク