腹痛 吐き気 冷や汗 原因

腹痛・吐き気・冷や汗の原因について

スポンサーリンク

腹痛、吐き気は、悪い物を食べたときに排出しようとする身体の働きとも言えます。
大抵の要因は食べ物であり、身体から悪いものを出すために腹痛などを起こすのであり、つらいですが、病院に行って治療すればすぐ治ります。
他には思わぬ病気が隠れていることもありますが、自然治癒力によって治る事が多く、なじみ深い症状とも言えます。
冷や汗に関しては、様々な要因があります。
不調のあまりに汗をかくこと、更年期などホルモンのバランスを崩してしまった場合。
ストレスやプレッシャーを強く感じた場合。
身体の不調は気持ちのいいものではありませんが、必要なものであるとも言えます。
その原因を確かめることは大切なことです。
必要な身体反応であるのか、それとも病気のサインであるのかしっかり見定めて専門家に相談することで健康を維持することができます。
これらの症状は最もわかりやすい身体の不調を知らせるサインであるといえます。
気のせいだと軽く考えずに、病院に行きましょう。

スポンサーリンク

では、どんな原因があるのか詳しく考えていきましょう。
腹痛といっても色々な場所によって原因は異なります。
場所によって病気が全く異なってくるので注意が必要です。
代表的なもので言えば胃潰瘍、盲腸、腹膜炎など急性のものを放置すると大変なことになってしまいます。
病院・救急センターに行くなど適切な処置をとりましょう。
精神的な原因の場合、神経性と診断されることがあります。
その場合は身体に異常があるわけではないのですが薬で治すことが出来ます。
吐き気は、食べ過ぎや乗り物酔い、薬の副作用など軽いものから病気で言えば腹痛と同じく胃潰瘍、盲腸、くも膜下出血、緑内障などがあります。
病気からくる吐き気は早めの診断を受けましょう。
自律神経失調症からも吐き気を起こすことがあります。
l
冷や汗は、脂汗というものが出たら注意が必要です。
脳卒中、狭心症、腸閉塞などが考えられるからです。
吐き気と同じく自律神経失調症も関わりがあります。
この場合は、交感神経の活発化が原因ですので、薬などだけでなく普段の生活を見直しましょう。

スポンサーリンク