小児 腹痛 薬

小児の腹痛治療を行う際に使用する治療薬について

スポンサーリンク

小児が腹痛を感じた場合において適切な措置を行うために、治療の一環として病院に行くというケースがあります。
その際に医師から薬を処方されることがありますが、そこで正しい使い方の流れや手順について紹介していきます。
治療において最も重要なことが早めに病院やクリニックを受診することであり、早期発見がポイントとなります。
それがただの腹痛であっても一応医師に見せることが必要となっており、そこで症状確認をしてもらうことがポイントです。
病院やクリニックに子供を連れていくことによって、通常であればお腹の痛みを押させる薬が処方されることが多いです。
その際には親が子供の症状をある程度把握しておくことが重要なので、その点については注意が必要となります。
基本的に子供は自分で症状を医師に上手に伝えられないため、一人で受診させることも厳禁となっています。
このように適切に病院などを受診することで、医師から適切な対処法を指示してくれることが多いです。

スポンサーリンク

 通常であれば小児が腹痛を感じている場合においては、病院やクリニックに連れていけば数日もすれば症状が完治することが多いです。
しかし中にはそれ以外の症状であるケースもあり、それは感染症を引き起こしている場合となります。
感染症を発症している場合には通常のケースと対処法が異なり、常に小児の状況を注意深く観察することがポイントです。
こういった場合には抗菌薬が病院などで処方されることが多く、それを数日から1週間ほど服用して症状を緩和させていきます。
症状として吐き気や嘔吐をすることも珍しくないため、小児の近くにバケツなどを置いておくと良いです。
また脱水症状も起こしやすくなるので、お水についても常備しておくと水分補給が容易に出来るようになります。
しかし注意点として胃やお腹の状態が良くないため、冷たいお水ではなく少しぬるめにするのがポイントです。
また感染症の場合には2次感染するケースもあるので、小児の便や嘔吐したものを処理する場合にはゴム手袋を着用する必要があります。

スポンサーリンク