子供 腹痛 食後

子供の食後の腹痛について

スポンサーリンク

比較的低年齢の子供の場合、食後に習慣的な腹痛を訴える場合があります。
このような腹痛は主におへその周りを中心に生じることが多く、出かける前などに特に多く起こります。
検査をしても特に異常が見られないのが特徴で、精神的な要因が多くの場合関わっているとされているのです。
痛みが起こった場合の対処法としては、横になって休息したりトイレで便やガスを出す方法などが挙げられます。
子供のこのような腹痛は反復性腹痛と呼ばれており、比較的ポピュラーな症状です。
症状の現れ方から、時に思い過ごしやわがままと捉えられてしまうことがある病気です。
ですが、実際に何らかの原因で痛みが生じていることは確かでアプローチは一筋縄ではいかない面があるのです。
このような症状が現れた場合には、まずは機能的な問題がないかをチェックし、その後は食事やメンタル面に気を配っていくことが大切です。
便秘の状態にあると、このような痛みが起こりやすくなると考えられています。

スポンサーリンク

子供の腹痛が起こる原因としては、便秘がかなりの割合を占めています。
子供は大人のように定期的な便通を意識していないことが多く、時に長期間便秘状態にあることも少なくないのです。
そうなると、排便の際にかなり激しいお腹の痛みが生じてくることがあります。
従って、日頃の食習慣に気を配り子どもの便通を定期的に確かめておくことが一つの予防法となるわけです。
排便の習慣について医師に相談しておけば、家庭で利用出来る浣腸などが処方されることもあります。
お腹の痛みの中には、時に緊急な処置が必要になるものもあります。
子どもの虫垂炎の場合には腹膜炎などを起こしやすいため、疑われる症状が現れたら数時間ごとに状態を確認し、すぐに医師の診察を受けられるようにしておく必要があるのです。
腸重積などが起こると、時に手術が必要になることもあります。
ですのでお腹の痛みを甘く見ることなく、状態を観察して適切な判断を下すことが大切なのです。

スポンサーリンク