排卵日 腹痛 薬 

排卵日におけるピル内服や腹痛を抑える薬の服用について

スポンサーリンク

排卵日とは女性特有のものとなっており、一般的には生理後2週間ほど経過した後の日数のことを指すことが多くなっています。
これを妊娠しやすい日や女性の日という表現をすることもありますが、この時におけるピル内服や腹痛時における薬の使用について説明をします。
通常時であれば産婦人科などを受診した場合において、腹痛を抑える薬としてピル内服が処方されることが多いです。
これは女性のための薬となっており、服用をすることで痛みを緩和させていくことが可能となっています。
また基本的に妊娠をしたくない時に服用する効果があるため、妊娠中には使用しないように注意が必要です。
ですが服用をしすぎる点にも注意が必要であり、副作用として女性ホルモンバランスが崩れることがあります。
それによって腹痛ではなく吐き気や頭痛などが発生することがあり、さらに倦怠感なども発症することがあります。
そのため治療のためとはいえ、服用をしすぎるのも悪影響が出るため使用には注意が必要です。

スポンサーリンク

 一般的に排卵日における薬についてはピル内服が主流となっており、腹痛を治すためでもそれは例外ではないです。
ですが症状によってはピル内服を処方してもらう必要がないケースもあるので、その時には市販の鎮痛剤を代わりに使用します。
こういった場合における鎮痛剤の種類については、イブプロフェンという成分が配合されたものを使用すると良いです。
この成分であれば服用をしても子宮に移行しにくいため、比較的安全に使用出来る市販の鎮痛剤となっています。
ですが15歳未満の女の子が使用すると副作用を起こすことがあるため、16歳以上になってから使用するようにした方が良いです。
またドラックストアなどで商品選びをする際にも、始めて購入する場合においては薬剤師に相談をした方が良いです。
自分がもし同等の知識があれば必要はありませんが、基本的に最初は相談をして商品選びをしてもらった方が確実です。
こういった工夫をすることが大切なので、ドラックストアで購入する場合において活用するととても便利です。

スポンサーリンク