腹痛 原因 鈍痛

腹痛で鈍痛がする原因とは

スポンサーリンク

誰もが経験したことのある腹痛。
腹痛には、チクチクする痛みや、重く感じる鈍痛といった様々な痛みの種類があります。
まず、食後にみぞおちあたりに鈍痛を感じる場合は注意が必要です。
原因は、食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスなどが原因になりますが、中には重症化してしまう原因が隠されていることがあります。
また、体調がすぐれなかったり、二日酔いなどの飲みすぎ、ストレスを抱えているときも食後にみぞおちあたりが痛むことがあります。
このようなときも、長く継続して痛みが続く場合は注意をしておく必要があります。
痛みがでる原因として、食べ過ぎなどの後は、胃酸の分泌がかなり多くなるため、胃や十二指腸の粘膜を胃酸によって傷つけてしまうため、激しい痛みが出てきます。
また、ストレスによって自律神経が乱れている場合でも食後腹痛になる場合があります。
さらに、胃潰瘍などの病気になっている可能性があるので、異変を感じた際は病院に受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

また、左右どちらかに痛みが出ることがあります。
右側の場合は、一般的に盲腸や虫垂炎の可能性があります。
左側は、別の病気が考えられます。
右側の場合は、虫垂炎、クローン病などが挙げられます。
盲腸は、初期はあまり強くない痛みが出ることがあり、おへその辺りからだんだん右側へ痛みが移ってくるのが特徴です。
クローン病は、右側に腹痛がでて、熱と下痢の症状を伴います。
左側の腹痛は、胃炎、胃潰瘍、急性・慢性膵炎、急性腸炎、胃潰瘍大腸炎などが挙げられます。
また他にも、お腹全体や、へそ周辺、下腹部全体に痛みを伴う場合は、子宮筋腫、子宮外妊娠、腸閉塞、食中毒、腹膜炎、膀胱炎などが挙げられます。
下腹部が痛い、という場合は、女性の場合子宮の病気の可能性が高いです。
鈍痛の対処法として、生理中であれば、お腹を温める、胃酸が原因のときは、胃酸を弱めることで痛みが軽減されます。
なので、コップ一杯の水を飲むようにしてください。
しかし、ずっと痛みが続く場合は病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク