腹痛 下痢 泡 原因

腹痛で下痢と泡の症状を伴う原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
お腹を壊すとそれが原因で下痢になることもあり、食事療法や薬を飲むことで治療をしていきます。
ですが、時として、下痢の症状に泡が伴うことがあります。
今回はその原因について解説していきたいと思います。
この場合は、過敏性腸症候群になっていることが考えられます。特徴としては、炎症や潰瘍が見られないのにも関わらず、腹痛、便秘、下痢等の症状が見られます。
以前は、このような症状は大腸の機能の異常が原因と思われていました。ですので、「過敏性大腸症候群」の名でよばれていましたが、現時点では、小腸にも関係があることが分かったため、「過敏性腸症候群」の名で呼ばれています。
この疾患は、二十代から四十代の年代に多く、ストレスの多い現代社会と直接関わりがあるとされています。
症状は大きく分けて4つに沸かれています。

スポンサーリンク

1.不安定型
下痢、便秘が交代で現れる症状を指します。
2.慢性下痢型
別名、神経性下痢とも呼ばれています。小さなストレスや不安にも反応して下痢を引き起こします。
3.分泌型
腹痛を強く感じ、その後大量の粘液が排泄されます。
4.ガス型
常におならが出て、周囲の人間に嫌がられていると感じます。そのため、ますますおならがでてしまう症状を指します。
そして、症状が重くなると、無意識におならが漏れるようになってしまいます。これは別名、おなら恐怖症とも言われています。
症状としては下痢が一番多いです。主なる原因は、自律神経の機能が狂ってしまい、消化管運動の異常があることや、精神的不安、過度の緊張などが挙げられます。
ですので、ストレスを発散するべく、ジョギングやウォーキングなどの運動をしたり、生活全般を見直し、規則正しい生活をすることが何よりも先決です。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク