下痢 泡 原因 対処方法

下痢に泡がある時の原因と対処方法

スポンサーリンク

排便は健康状態のチェックには最適な方法で、便の状態を確認することで、どのような体調なのかを判断することも可能です。
そんな排便トラブルの中でも、便がゆるくなる下痢は比較的メジャーなトラブルの一つで、食あたりなどが原因で発症することもよくあります。
しかし下痢でもなぜか一緒に泡が見られる場合があり、こういった便が泡立つといった普段とは異なる状態に、不安を感じたり心配になることもあります。
そのおもな原因は、病気のサインである可能性があります。
その病名としてあげられるのが過敏性大腸炎で、過敏性大腸炎は分泌異常や大腸のトラブルなどによって発症します。
もっとも病院で詳しい検査を実施したとしても、過敏性大腸炎の場合は大腸の炎症や潰瘍といったものが見つからないケースもあり、症状としては下痢や便が泡立つだけでなく、他にも便秘や腹痛といったことなどとしても現れることがあります。
ちなみに過敏性大腸炎は、基本的に自律神経の異常が原因であるケースが一般的です。

スポンサーリンク

原因とともに知っておきたいものとして、その病気への対処方法があります。
そもそも原因が自律神経のトラブルなために、まずは自律神経を整えてあげることが最適な対処方法ですが、他にもストレスや過度の緊張など、精神的な事柄が影響することもあるため、そういったものに対する改善も必要です。
それゆえに基本的な対処方法は生活習慣の見直しで、この方法ならばセルフケアでの対処が可能です。
たとえばウォーキングなどの適度な有酸素運動の実施や栄養バランスの整った食事、たっぷりな睡眠にリラックスできる入浴などを取り入れ、規則正しい生活リズムにすることが有効的で、こうすることで自律神経を整えるとともに、ストレスなどからも解放されることもあります。
ただしこういったセルフケアだけでは効果が得られないような場合は、病院を受診して医師の適切な診断の上、薬物療法などを実施してもらいましょう。
そして下痢をしている時は、食事内容などを工夫して、かつ安静に過ごすことも応急処置として大切です。

スポンサーリンク