便 泡 下痢 原因 対処法

排便時に下痢や泡が立つ時の原因と対処法

スポンサーリンク

健康状態を知る上でも排便はバロメーターとして機能し、理想的な状態は8割程度の水分を含む柔らかさですが、体調によっても変化し、9割を超えることで液状の下痢の状態を引き起こします。
下痢の症状によっては、泡が立つこともあり、腸の水分の分泌が増加してしまうことが原因であったり、食べ物が吸収されずに粘膜と共に泡状になって排出されることや、水分がガスと共に排出されることで泡立つ場合も挙げられます。
腹痛を伴う症状に見舞われる場合には急性型に分類でき、症状は2週間程度の安静によって緩和や解消されます。
この場合の原因の多くは、冷たい物の飲み過ぎや寝冷えなどが関係しており、対処法としてはお腹を冷やさないためにも温めることが大切で、お腹まわりや末端を温め、温度管理にも注意し、冷え過ぎない空間を保つことも重要です。
しかしながら、泡立つ下痢の原因には夏場を例とした場合、食中毒などのウイルス感染によっても起こる場合が挙げられます。

スポンサーリンク

冷えによる症状よりも重くなりやすく、腹痛はもちろん、発熱や嘔吐なども起こしやすく、対処法として迅速に細菌やウイルスを排出することが重要です。
薬によって症状を緩和させることは、ウイルスが原因の場合には悪化や長引きやすくなるため、可能な限り、排便によって体内の細菌やウイルスを排出することが必要です。
また、食中毒で胃腸炎を引き起こす場合には速やかに医療機関で適切な処置を行うことも大切です。
対処法は細菌を便と共に出すことですが、半日程度は食事を控えることも腸へ負担をかけないポイントで、脱水症状に見舞われないために水分補給は必須です。
常温の白湯やスポーツドリンクなどが適しています。
腹痛などが落ち着いた状態で、胃腸に負担をかけないお粥やスープなどを栄養補給として摂取し、安静にすることが大切です。
また、腸内の善玉菌などの活性化のためにはヨーグルトなどのビフィズス菌などを上手く取り入れることも緩和に直結します。

スポンサーリンク