水様便 腹痛なし 原因 対処法

腹痛なしの水様便の原因と対処法

スポンサーリンク

お腹を下す下痢についてはさまざまな種類があり、どのような状態でも下痢であるならば、それは何等かの体調の異変のサインである可能性が高いと言えます。
とくに水っぽい下痢である水様便の場合は脱水症状に陥ることもあるので注意が必要で、たとえ腹痛なしの状態だったとしても、水様便ならば腸や身体にはそれなりの負担がかかっている証拠だと判断できます。
そんな水様便のおもな原因としては、一般的な下痢同様に食べ過ぎや飲みすぎなどによる消化不良で発症することもありますが、他にも細菌やウイルスによる食中毒や食あたり、胃腸炎や大腸炎、過敏性腸症候群なども原因となりますし、ストレスが原因となって腹痛なしの水様便になることもあります。
ちなみにウイルス性のものではノロウイルスやサルモネラ菌、ロタウイルスといったものの感染が原因にあげられますが、こういったウイルスに感染した場合は、腹痛なしだっとしても水様便が何日も継続するという特徴があります。

スポンサーリンク

腹痛があろうがなかろうが原因が何であろうが、水様便の下痢が続くような場合は応急処置の対処法として、まずは脱水状態にならないために水分補給を心がけましょう。
ただし冷たい飲み物をいっきに摂取することは基本的に控え、摂取する水分は塩分や糖分を適度に含む常温のスポーツドリンクや、吸収率の良い白湯や番茶などをこまめに飲むことがお勧めです。
また脱水状態だけでなく栄養失調に陥る可能性もあるので、お粥などの腸を休めるような温かくて消化の良い食べ物も摂取しましょう。
またこういった対処法以外に、よく実行しがちな対処法に市販の下痢止めなどの薬を服用するといったものがありますが、これは通常の食べ過ぎや飲みすぎ、過敏性腸症候群や腹部を冷やしたためといったことによる下痢ならば問題ありませんが、そうでない場合は薬の服用は控えるようにしましょう。
とくにウイルス性の場合は薬によってウイルスが外に出なくなってしまうため、逆効果になります。
それゆえに応急処置で改善しないならば、病院で適切な治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク