腹痛 下痢 発熱 嘔吐なし

腹痛と下痢と発熱はあるが嘔吐なしという特徴がある病気について

スポンサーリンク

風邪などの症状として腹痛と下痢と発熱はあるが、嘔吐なしと少し変わったタイプの病気にかかってしまうことがあります。
こういった場合の病気については、基本的に胃腸風邪と呼ばれる症状を発症していることが多いです。
この胃腸風邪と呼ばれる病気には主に2種類に分かれており、1つめにウィルス性胃腸炎という症状があります。
これは胃腸風邪と呼ばれる病気の中で発症率が高くなっており、基本的に冬に感染することが多いです。
理由については冬になると特定のウィルスが流行となるため、その影響によって一時的に胃腸の健康状態が悪化することがあります。
特徴として腹痛や下痢を感じることが多くなるため、何かと水分不足になってしまうことが多いです。
発熱については高熱が発症する機会は少ないですが、微熱程度にはかかることが多いので注意が必要です。
これが比較的発症率が高くなっているウィルス性胃腸炎の特徴であり、ウィルスが流行する冬にかけて発症率が一時的に増加します。

スポンサーリンク

 嘔吐なしであるが発熱や下痢及び腹痛を発症する病気として、胃腸風邪と呼ばれている病名があります。
この2つめの症状として細菌性胃腸炎があり、こちらはウィルスではなく食中毒を発症させることでかかることがあります。
食中毒は食べ物が腐ることで発生する特性があり、気温や湿度の高い夏の時期に発生率が増加していきます。
生鮮食品や生野菜などの火を通さない食べ物を食べることで、食中毒にかかるリスクが高くなります。
特に日本人は生で食べる食材が好きな傾向があるため、夏の時期においては食中毒にかかる可能性が一時的に増加します。
細菌性胃腸炎にかからないための対策としては、とにかく生の食材や野菜については出来るだけ食べないようにすることとなります。
こうした基本的な対策をするだけでも、細菌性胃腸炎という病気を高い確率で回避することが可能です。
それに加えて熱中症も起こしやすい時期でもあるので、適度な水分補給も同時に行うとより効果的です。

スポンサーリンク