牛乳 下痢 時間 対処法

牛乳で下痢を患う時間と対処法

スポンサーリンク

生活の中で、乳製品を摂取する機会がありますが、人によっては、体調が悪くなる事などもあります。
 牛乳を飲んで下痢をしてしまった場合、まずは、賞味期限などを守って摂取したかは、重要なポイントになります。
牛乳などの乳製品は、賞味期限を守るのは勿論ですが、開封したら、早めに飲みきってしまうと、菌なども付き難いといえます。
ちょっと古くなったものを飲んでしまった様な場合の下痢は、1日中症状が続く可能性があります。
腸内の便を出し切ってしまうまでに、時間が掛かります。
心配な場合には、病院を受診して、点滴、服用薬などを処方してもらうのも、確実な対処法になります。
 牛乳を飲むと、毎回下痢をしてしまう、という人も見られます。
症状に見舞われる時間については、人によって違いもあります。
下痢以外にも、嘔吐などが伴うケースもあります。
症状が酷い場合には、市販のお薬で症状を抑制したり、お腹を冷やさない様にしておくなどが、自分でできる対処法になります。

スポンサーリンク

 牛乳を飲んで下痢をしてしまう人は、原因として、食物アレルギーの可能性もあります。
アレルギー症状の場合には、病院を受診して、アレルギー検査を実施すると、該当しているかどうかが判明します。
腸内のものが排泄されると、症状が治まるという人もいますので、さほど時間を要しない場合もあります。
牛乳に対するアレルギーが判明すれば、やはり摂取を控えるのが最も必要な対処法になるといえます。
加工してあっても、乳製品全般の摂取を控える必要がある場合もあります。
 また、牛乳に含まれる成分を腸内で分解でき難いという人もいます。
乳糖不耐症と呼ばれるものですが、腸内で分解できる酵素が少ない人が存在します。
母乳から離れる辺りから、減り始める様になります。
そのため、下痢やお腹のゴロゴロなどの症状を引き起こす事があります。
症状を患う時間は、人によって違いもありますが、嘔吐などを伴う人もいます。
対処法としては、できるだけ牛乳の摂取、あるいは乳製品の摂取を控える事でもあります。

スポンサーリンク