水便 吐き気 原因

吐き気があり水便を引き起こす原因とは

スポンサーリンク

下痢の中でも水分量が多い水下痢といわれる水便が引き起こされる原因としては、ウイルスや細菌による食中毒や胃腸炎、食物アレルギー、暴飲暴食による消化不良、お腹を冷やすなどが挙げられます。
さらにクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患や大腸がん、免疫異常によるバセドウ病などの疾患が隠れている時も水便が現れるケースがあります。
そしてこれらの中でも吐き気を伴うものといえばウイルスや細菌による食中毒や胃腸炎となってきます。
水便や吐き気を引き起こす原因として有名なウイルスにノロウイルスやロタウイルス、腸管アデノウイルス等がありますが、特にノロウイルスとロタウイルスが多くなっています。
一般的にノロウイルスは冬の前半が多く、冬の後半からはノロウイルスに比べて症状が重いことが多いロタウイルスが増えてくる傾向にあります。
ロタウイルスに感染し発症する吐き気と米のとぎ汁のような白っぽい水便が現れるケースがあります。

スポンサーリンク

水便を引き起こす原因として知られている原因である細菌としてサルモネラや腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌などがあります。
そして、これらは夏場の食中毒の原因となります。
細菌性食中毒は食品中に含まれる細菌を体内に入れることで腸内で増殖して症状が現れる感染型と食品中で増殖してしまった細菌が生産する毒素を食べてることで発症する毒素型があります。
一般的に加熱処理を行うことで細菌は死滅します。
ただし、毒素型の原因菌である黄色ブドウ球菌やセレウス菌の嘔吐毒素は熱に強く分解されません。
ですから、10度以下の場所では毒素を作り出せないため冷蔵保存が重要となってきます。
細菌やウイルスなど体にとって有害なものが侵入してくるとスピーディーに体外へ排出しようとします。
その結果、嘔吐や下痢によって身体から排出しようとします。
ですから水便や吐き気があっても無理に止めてしまうと体内に有害なものが留まることになってしまいます。
ですからむやみに薬で症状を止めるのではなく、脱水状態に陥らないように無理がない範囲で少量ずつ水分補給をすることが重要となってきます。

スポンサーリンク