下痢 発熱 嘔吐なし 病気

下痢や発熱があって嘔吐なしは、精神的な病気も疑われます

スポンサーリンク

食べ物を摂取すると、後に排泄行為も伴いますが、回数が頻繁であったり、下痢症状が継続する場合には、原因を特定する必要もあります。
 嘔吐なしの症状で、下痢症状や発熱が毎日続いてしまう様な場合には、病気の可能性も疑われます。
例えば、精神的なストレスが多い毎日を送っていると、仕事などもこなしながらの生活になり、うつなどの精神的な病気に気付かない事があります。
過度のストレスは、下痢や発熱を伴い、嘔吐なしで、他のからだの部位には異常が見られない、というケースもあります。
 精神的な病気が原因の場合には、専門的な治療を受けながら、症状を徐々に改善するという事も可能な対処法になります。
精神内科の病院を受診して、まずは問診やカウンセリングの時点で、症状や普段の生活内容を話してみるなどもできます。
からだへの症状や負担が酷いと感じられる様であれば、症状を改善するお薬が処方される場合もあります。
重ねて、精神的な部分においても、ストレスを軽減しながら生活するなど、お薬の服用も含めた治療や指導が行われる事になります。

スポンサーリンク

 下痢や発熱があって、嘔吐なしの場合に、神経下痢などの症状が出ている可能性もあります。
例えば、試験などが控えていると、極度の緊張が胃腸に作用して、症状を引き起こす事があります。
試験などの場面に限った事ではありませんが、ストレスを強く感じると、症状が出る事に繋がります。
 この場合には、できるだけ極度の緊張などを感じない様に、日々の生活の中で、少しトレーニングをしていく事も必要です。
場合によっては、精神内科などで指導を受けると、症状が改善されていくケースもあります。
 また、風邪の症状はウィルスの種類によって、胃腸風邪などの病気になって発生する場合もあります。
この場合には、人によって、下痢や発熱だけがあり、嘔吐なしの状態になる事があります。
症状は、早い人であれば、2、3日で治まるケースも見られます。
安静にして、水分補給をこまめにしておくと、症状が治まる人もいます。
症状が数週間など、長引く場合には、他の病気も疑われますので、病院を受診して、原因を究明しながら改善を図る事も大切です。

スポンサーリンク