胃腸炎 水下痢 嘔吐なし 原因

胃腸炎で水下痢、嘔吐なしになる原因は?

スポンサーリンク

胃腸は、食べ物を消化する消化器官でもありますが、排泄を促す機能ももっています。
便となって排泄される際にも、便の状態に影響します。
胃腸炎で嘔吐なし、水下痢になる事があります。
原因は、風邪などのウィルス感染と推察されます。
からだの内部では、各所でウィルスなどの異物の侵入を防ぐ働きを果たしています。
胃腸は特に、外から入る食べ物などを消化する働きをもっていますが、異物が侵入した時には、早く異物を体外に出そうと働きます。
水分が便にもっていかれるため、胃腸炎で水下痢などの状態になる事があります。
人によっては、嘔吐なしで下痢状態だけがあるという場合もあります。
からだの中からは水分が失われ、脱水状態になるため、対処法の一つには、水分補給が必要になります。
原因がウィルス感染などによる胃腸炎の場合には、水下痢などで、ウィルスが排便によって促されるという働きをします。
暫くの間は、下痢が継続する事もありますが、胃腸の中のものを出し切ってしまうと、比較的回復が早く見られる場合もあります。

スポンサーリンク

胃腸炎の中には、細菌性のものが原因で、嘔吐なしで水下痢状態を引き起こすケースもあります。
ある程度決まった食材などに、発生し易い細菌なども存在しています。
衛生環境がよく、消費を早めに行うという流通経路が確立されている場合には、発生も抑えられます。
例えば、食用のお肉などに特定の細菌が付着していると、お肉を処理した手、まな板などを通じて、感染が拡大する事があります。
時期的に、細菌などが発生し易い環境に陥る季節などもあります。
食材に関するものは、人の手、調理器具など、複数が関連してきます。
できるだけ時期を問わず、丁寧な洗浄を心がけるなどで、胃腸炎などの病気の発生を抑える事に繋がります。
特定の細菌などの存在が確認された場合には、速やかに現場の消毒などを行う必要性が出てくるケースもあります。
嘔吐なしでも、水下痢などの症状が酷い、便の色にも異常が出たなどの場合には、病院を受診して、適切な治療を受ける事が得策になるといえます。

スポンサーリンク