授乳中 腹痛 原因 対処法

産後授乳中の腹痛の原因と対処法

スポンサーリンク

産後授乳中の腹痛のおもな原因は、子宮の収縮となります。
妊娠中の子宮の大きさは妊娠前の約5倍となり、お腹の中で胎児が大きくなるにつれて周囲の臓器を圧迫するために、妊娠中にはさまざまな体の不調が現れるようになるのですが、大きくなった子宮は産後には元の大きさに戻るために収縮します。
 授乳中には、子宮が元の大きさに戻るために収縮が起こるのですが、出産時の陣痛と同じ仕組みで起こるために、産後の腹痛は「後陣痛」と呼ばれることもあります。
そして、後陣痛は2日〜3日ほどで治まるのは一般的なのですが個人差があります。
しかし、遅い人でも産後1か月程度が経過すると、後陣痛の腹痛を感じなくなります。
 母乳の分泌に深く関係しているホルモンであるオキシトシンには、子宮の収縮を促す働きがありますので、母乳育児で授乳中の女性は、後陣痛の痛みがひどくなる傾向があります。
しかし、子宮収縮活動が活発な方が身体の回復力は早まります。
粉ミルク育児の方に比べると、元の身体に戻るのが早くなります。

スポンサーリンク

 産後1か月以上が経過しても、後陣痛のような腹痛が続く場合には、産婦人科を受診するようにしましょう。
いつまでも続く腹痛の原因は、「子宮復古不全」の可能性があるからです。
子宮復古不全が原因の場合には、子宮内に胎盤や卵膜が残存していたり、悪露がたまってることが考えられます。
腹痛のみならず、血が混じった悪露が続くというのが特徴となりますので、この場合の対処法は医師に相談するという対処法がベストとなります。
 後陣痛は、子宮が妊娠前の状態に戻ろうとして起こりますし、子宮が順調に回復してるサインとなりますので、医療機関を受診する必要はありません。
しかし、前述しましたように、1か月以上も続く場合や、痛みをストレスに感じるような場合には、病院へ行くようにしましょう。
母体のストレスは、母乳の出方にもダイレクトに影響を及ぼしますので、病院を受診することが対処法となります。
母乳に影響を及ぼさない程度の弱い鎮痛剤などが処方されるようになります。

スポンサーリンク