腹痛 原因 へそ

へその辺りが痛いと感じる腹痛の原因についての説明

スポンサーリンク

人は食当たりなどをすると腹痛を感じてしまうことがあり、それによって下痢になったりトイレに行く回数が増加することがあります。
ですが時にはへその辺りが痛み出すという病気もあるため、その原因について紹介をしていきます。
この症状については虫垂炎と呼ばれる病気にかかっていることが多く、体の中で炎症を起こしているのが特徴です。
炎症を起こしているためへその部分や近くが痛みだすことがあり、原因については大腸菌に異常が起きた時に発症することがあります。
また症状として急に痛みが襲ってくることが多いので、突然このような病気を発症することも多くなっています。
この病気が発症する理由についてですが、暴飲飲食やストレスの増加などが要因となってしまうことが多いです。
さらに消化の良くない食べ物を食べ続けることでも、虫垂炎になってしまうリスクが上昇します。
これが虫垂炎の症例の説明であり、発症をすることでへそ周辺に痛みを感じるようになってしまいます。

スポンサーリンク

 腹痛と同時にへそ周辺が痛くなる原因や病気として虫垂炎があり、一般的には盲腸と呼ばれることがある病名となっています。
治療方法については投薬療法や手術をして除去することがありますが、軽い症状の場合には薬だけで完治することがあります。
しかし症状が悪化している場合には手術の必要があり、基本的に入院をしなければいけないケースが多いです。
手術には腹腔鏡と呼ばれる医療機器を使用することが多く、小さい穴を空けることで完治させていきます。
手術終了後の過ごし方についてとなりますが、基本的に入院していることが多いため安静にすることが第一となっています。
ここでポイントなのが食事についての内容であり、虫垂炎の手術をした場合には流動食となることが多いです。
理由として手術後は腸の機能が低下しているため、流動食でないと消化出来ないことが多くなっています。
入院期間については1週間から2週間前後が平均となっており、その後は無理をしなければ無事退院をすることが出来ます。

スポンサーリンク