ワイン 下痢 原因 対処法

ワインで下痢になる原因と対処法について

スポンサーリンク

ワインで下痢を引き起こす人が存在しています。
その原因は、ワインに含まれる酸化防腐剤などの添加物となります。
ワインで下痢を引き起こさないための対処法は、なるべく大量生産されてる安価なものを避けるようにするという方法です。
大量生産されているワインには、酸化防止剤を含んでいるものが多い傾向があるからです。
しかし、安価でなくても多くのワインには酸化防止剤の亜硝酸塩が含まれていますので、成分を確認して購入するというのが対処法となります。
 また、もともとアルコールに弱い体質の場合にも下痢をしやすくなります。
「酒は百薬の長」ともいわれるように、少量であれば腸の働きを活性化させたり、身体にとってメリットがあるアルコールなのですが、アルコールに弱い体質の方が摂取すると、腸の粘膜を荒らしてしまい、消化吸収機能を低下させてしまいます。
それが原因となって下痢を引き起こしてしまうというわけです。
アルコールに弱い体質の方でなくても、過剰に摂取した場合には胃の粘膜を荒らしてしまい、下痢を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

 下痢便でなくても、赤ワインを飲んだ後に出る便の色は黒ずんでいます。
その原因は、体調が悪いわけではなく含まれる成分「ポリフェノール」が原因となります。
ポリフェノールを過剰摂取すると、体内に吸収されずに便として排出されるようになり、その便は黒っぽい色となります。
単に、ポリフェノールの色となりますので、健康面での問題はありません。
 下痢になるといわれるワインには、逆に整腸効果もあるといわれています。
白には、有機酸という成分が含まれており、善玉菌が住みやすい環境に腸内を整える作用があるからです。
さらに、大腸菌やサルモネラ菌を殺菌する効果もあります。
プラスの効果にするかマイナスの効果にするのかは、バランスが重要な要素となります。
ゆえに、過剰に飲み過ぎないようにしたり、一緒に食べるおつまみに気をつけるなど、飲み方に注意するというのがお腹をくださないための対処法となります。
そもそもアルコールは水とは異なり、多く摂ることができます。
しかし過剰摂取は、お腹をゆるくする原因となります。

スポンサーリンク