水下痢 病院 何科

水下痢が続く場合は何科の病院に行くのが良いのか

スポンサーリンク

通常の便は水分量が70%〜80%とくらいで、80%〜90%くらいの状態をいわいる下痢や軟便という状況になっています。
90%以上の水分量で形をとどめていないような便の事を水下痢というのですが、この場合には何科の病院を受診すれば良いのかというと、結論から言えば消化器内科になります。
水下痢の主な原因は、本来食べたものなどが消化をする時には、腸内で水分を吸収する事でいわいる通常の便が形成されるのですが、何かの理由で腸を短時間で通過してしまうと水分が残っている状態なので水下痢の状態になってしまいます。
本来、下痢というものは身体の防衛反応のひとつで、身体に入ったウイルスや異物をして判断をした物をなるべく早く外に追い出そうとする結果が下痢になります。
ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスが原因の胃腸炎や消化不良による事も考えられますし、近年ではストレスが原因とも言われている、過敏性腸症候群の可能性もあります。
これらの疾患の場合には消化器内科が最も適した診療科になります。

スポンサーリンク

一般的に水下痢の場合には病院は何科に行けば良いのかという事で、基本的には消化器内科に行くのが基本的な選択になりますが、その治療方法は基本的には対症療法になります。
病院ではウイルスが原因の場合にはなるべく早く体内からウイルスを出したいのですから、整腸剤が処方されることが多くなります。
一方で暴飲暴食などが原因の時や過敏性腸症候群の場合には下痢止めが処方される事が多くなります。
原則的には何科に行っても処方される薬は同じような薬が処方される事になりますが、最もこのような症状が得意な診療科は消化器内科だという事になります。
水下痢が続くことで最も危険な事は、脱水症状になってしまう事です。
特にウイルスが原因の胃腸炎の時には、下痢だけでなく吐き気や嘔吐も症状になるので、水分の不足により脱水症状を引き起こす危険性があります。
脱水症状を防ぐには適度な感覚での水分補給が基本となりますが、一度に多くの量を補給するのではなく、定期的にゆっくりと水分補給をすることが重要になります。
必要であれば、医療機関で点滴などの対応で状態はかなり良くなる事が期待できます。

スポンサーリンク