腹痛の無い軟便が続く 原因 対処法

女性に多い腹痛の無い軟便が続く場合の原因と対処法

スポンサーリンク

緊張やストレスによって腹痛に見舞われる方の場合、約7割近くが過敏性腸症候群に分類され、ストレスによって軟便の症状を招きやすくなります。
また軟便は、食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因であったり、食中毒などの細菌が原因にもなりやすく、ウイルス性の場合には液状に近い下痢を引き起こしやすいのが特徴です。
また、女性を中心に腹痛の無い軟便が続く場合もあり、原因としてはダイエットなどの食事内容が挙げられます。
腸内で食べ物の通過する時間が速まることによって、十分な水分を腸が吸収できず、その多くが便に混ざり排出されることで軟便や下痢に見舞われます。
腹痛は細菌による抵抗反応の1つでもあり、腹痛の無い軟便が続く場合、原因は便にある可能性も否定できない内容です。
特に女性の場合、健康や美容目的で腸内環境を改善できる栄養を過剰に摂取しがちです。
例えば、ヨーグルトや食物繊維を多く含む野菜などは、女性が比較的意識して摂取している食品です。

スポンサーリンク

ビフィズス菌や乳酸菌など、善玉菌を含むヨーグルトは本来、お腹の調子を整える整腸作用に優れていますが、冷たい状態のヨーグルトによって身体が冷えやすくなることも関係しています。
対処法としてホットヨーグルトとして摂取することが望ましく、1日の目安となる100gよりも控え目に摂取し、様子を観察します。
発酵食品には免疫機能を向上させる効果が期待できるため、摂取することは望ましく、冷やさない工夫が対処法の1つです。
また、繊維質が多い根菜類や生野菜なども胃腸に負担をかけやすく、繊維質は分解されて吸収できる性質と、分解されずに便と混ざって排出される性質に分かれています。
腹痛の無い軟便が続く症状は、水分を含んだ繊維質が大量に便に混ざることが原因でもあるため、対処法としては食物繊維を含む食品の量に気をつけることが大切です。
また甘味料に使用される成分の中には消化吸収されにくい成分もあり、デリケートな腸内環境では軟便が続く場合もありますが、免疫を高めるニンニクやネギなどの代謝を上げる食品を意識的に摂取し、適度な運動を取り入れることでバリア機能までが向上されます。

スポンサーリンク