下痢 漏らす 原因 対処法

下痢で漏らす原因と対処法

スポンサーリンク

排泄は、一般的には自分の意思で、調節が可能になります。
でも、病気などがあると、調節機能に問題が出る事があります。
下痢をよくして、漏らす様な場合には、原因として、自分で確認すると、冷たいものを大量に摂取した、などの場合もあります。
特に夏場には、アルコール類も含めて、水分補給に冷たい飲み物を大量に摂取してしまう機会も多くなります。
汗をかくから、と思っていても、腸内が冷えて、正常な機能ができなくなり、酷い水下痢などの症状になるケースも見られます。
便が水の様な状態になってしまうと、自分で肛門括約筋などを機能させようとしても、間に合わず漏らすなどに至る事もあります。
原因が、冷たい飲み物を摂取し過ぎという場合には、やはり自分でも摂取に気をつける事が対処法になります。
下痢で漏らす症状が継続する場合には、冷たいものの摂取を控え、温める、あるいは常温にして摂取するなども対処法です。
市販のお薬などを利用して、対処法を実践する事もできますが、食生活の場面には注意が必要となります。

スポンサーリンク

下痢で、下着にも漏らす事が多い場合には、腸内の病気が原因の可能性も疑われます。
自分で判断するのは難しいですが、特定の食べ物や飲み物の摂取で発症する様であれば、アレルギー症状の疑いもあります。
例えば、牛乳を飲むと、などの場合には、牛乳アレルギーなどが該当します。
アレルギー症状は、病院で検査を実施すると、結果が判明しますので、予め申し出ておいて、対応してもらえます。
アレルギー症状が原因の場合、対処法は、対象となる物質の摂取などを控える事が最も重要になります。
また、ストレスなどによる過敏性腸症候群が原因で、下痢が酷く、漏らすなどの症状になる場合があります。
この場合には、病院で専門的な治療を施す事が、適切な対処法の一つになります。
生活の中で、ストレスを全て無くす事は難しい場合もあります。
できるだけストレスを発散できる様に、適度な運動など、ストレス解消の対象を見つける事も大切です。
睡眠が十分とれる様に、寝具などで工夫をするなども、対処法に繋がります。

スポンサーリンク