抗生物質 副作用 下痢 いつまで

抗生物質の副作用が原因の下痢は、いつまで続く?

スポンサーリンク

何らかの病気で、菌を殺すために抗生物質を処方されることも多いのですが、優れた抗菌作用を発揮する反面、医薬品ですので副作用の可能性もあります。
そして、抗生物質の副作用のひとつとして、下痢の症状が挙げられます。
病気のもととなる細菌をやっつけるだけではなく、抗生物質を服用すると身体全体に影響を及ぼしてしまいます。
人間の腸内には、悪玉菌と善玉菌が存在しているのですが、抗生物質を服用すると、腸内の2つの菌を殺してしまうことになります。
腸内環境を整える善玉菌までも殺してしまうために、腸内環境のバランスが崩れてしまい、お腹がゆるくなったり、下痢を引き起こすようになってしまうというわけです。
お腹がゆるくなったり下痢をするという副作用に対しては、普段から市販の乳酸菌を摂るようにしておくことによって回避することができます。
腸内の善玉菌を強化しておくことによって、抗生物質を服用した時でも、腸内環境のバランスを維持することができるようになります。

スポンサーリンク

抗生物質の副作用の下痢がいつまで続くのかについては、個人差があるのですが、通常数日間で治ります。
薬の服用をやめれば、徐々に腸内細菌のバランスは回復していきますが、服用を中止してすぐに下痢が治まるというわけではありません。
いつまで下痢が続くのかについては、その方の腸内環境のバランスがとれるまでというのが答えとなります。
抗生物質を服用して下痢を起こしたのであれば、今後薬を処方してもらう際には、整腸剤も処方してもらうように先生にお願いしてみましょう。
薬の副作用で、お腹をくだすということは稀なことではありませんし、お腹の調子がいつまでも治らないということもまずありません。
しかし、症状がひどい場合には、再受診してその旨を医師に伝え、違う薬を処方してもらうという選択肢もあります。
副作用を気にして自己判断で、薬の服用を中止することだけは避けるようにしましょう。
抗生剤は処方された日数分を飲みきらなければ、耐性菌の問題が生じてしまうからです。

スポンサーリンク