r1ヨーグルト 下痢 対処法

r1ヨーグルトを食べて下痢を起こした時の対処法

スポンサーリンク

r1ヨーグルトはr1乳酸菌を使用しているヨーグルトです。
r1乳酸菌は人の免疫機能の主要因子であるナチュラルキラー細胞を活性化させる作用があるので、r1乳酸菌を摂取すれば免疫力を高めることが可能です。
免疫力が高まると感染症を発症しにくくなるので、r1ヨーグルトを食べると風邪やインフルエンザを予防する効果が期待できます。
体内には毎日がん細胞が発生していますが、発生したがん細胞はナチュラルキラー細胞が処理しているので通常はがんを発症することはありません。
しかし、何らかの理由でナチュラルキラー細胞の機能が低下してしまうと発生したがん細胞を処理できなくなるので、がん細胞が増殖してがんを発症してしまうことがあります。
r1乳酸菌にはナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあるので、r1ヨーグルトを食べるとがんを予防する効果も期待できます。
その他にもr1ヨーグルトを食べると関節炎の予防効果や便秘の予防または改善効果、美容効果なども期待できます。

スポンサーリンク

このようにr1ヨーグルトには様々な効果がありますが、食べ過ぎると下痢を起こしてしまうことがあります。
乳酸菌を摂取し過ぎると腸内で必要以上に活発に活動してしまうので、胃腸がその影響を受けて下痢を起こしてしまうことがあるのです。
そのため、下痢を起こしてしまった時の最も有効な対処法は食べ過ぎないように注意することです。
r1ヨーグルトの1日の摂取量の目安は100ccとされているので、1日1個が適量となります。
r1ヨーグルトを冷たい状態で食べると腸のぜんどう運動が刺激されて下痢を起こしてしまうことがあります。
そのような場合は冷蔵庫から出した後しばらくしてから食べるようにしたり、シリアルなどと混ぜて食べたり、温めてから食べたりするなどの対処法が有効です。
相性の良い乳酸菌と相性の悪い乳酸菌は人によって違うので中にはr1乳酸菌が合わない人もいます。
そのため、適量を食べるようにしたり、冷たい状態で食べないようにしたりしても下痢を起こすようなら別のヨーグルトを食べるという対処法が必要になります。

スポンサーリンク