一日中 下痢 原因 病気

下痢が一日中続く時の原因と病気

スポンサーリンク

一日中水のような下痢が続くのは、とてもつらいものです。
元々便の水分量は、70パーセントから80パーセント程度なのですが、これが90パーセントを超えると水下痢と呼ばれる、最も水分の多いものとなってしまいます。
原因となる病気は、主に食中毒やウイルス性胃腸炎が考えられます。
食中毒は細菌が原因で起こります。
菌を外に出そうとするため、かなり激しい下痢が起こり、腹痛や吐き気、嘔吐を伴うこともあります。
抗生物質で菌を追い出すと同時に、脱水症状を起こさないように、水分を補給することが大切です。
食事は消化のいいものを、吐き気や嘔吐が治まってから摂るようにしましょう。
ウイルス性胃腸炎の場合も、症状への対処の仕方は同じです。
しかし、一日中同じような症状が何日も続くとか、病人の状態があまりよくない場合は、病院に連れて行くようにしましょう。
特に子供や高齢者の場合は注意が必要です。
それから市販の薬は、本来排出するべき菌やウイルスを閉じ込めてしまうので、使わないようにしてください。

スポンサーリンク

一日中続くわけではないけれど、時折起こる慢性の下痢については、病気が原因ということも考えられます。
たとえばストレスが原因で起こる過敏性腸症候群や、慢性の場合は潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸ガンなどの疑いもあります。
大腸ガンの中でも、直腸ガンなど、肛門に近い部分にできるガンは、下痢に血液が混じるのが特徴です。
その他にも胃や肝臓、または膵臓の病気で起こることもありますし、糖尿病などの代謝系の病気によって起こることもあります。
それから抗生物質を常用している場合は、腸内の善玉菌も殺してしまうことがあるため、その時も下痢を起こすことがあります。
それから自律神経失調症が原因で起こることもあります。
自律神経失調症は、自律神経を構成している交感神経と、副交感神経のバランスが悪くなる病気で、様々な症状がありますが、自律神経は腸にもかかわっているため、バランスが取れなくなることにより、下痢や便秘といった症状が起こりやすくなるのです。

スポンサーリンク