子供 軟便 続く 原因 対処方法

子供の軟便が続く原因と対処方法

スポンサーリンク

子供の続く軟便には様々な原因がありますが、普段と変わらず元気な様子で食事が普通に取れるようならば急を要する可能性は低いです。
子供は胃腸の器官がまだ未熟なので、下痢や軟便になりやすい傾向があるからです。
軟便は下痢のような泥便や水様の便ではなく、ある程度形が残っている水分を多く含んだ軟らかい便なので、病院へ行くべきか迷う人も多いと思います。
腹痛を伴う下痢の場合は、風邪やウイルスによる感染症が原因となる場合が多いので、早めに小児科で診てもらう必要があります。
しかし、軟便の場合は水分や冷たいものの取りすぎや消化不良、ストレスなどが原因と考えられます。
また、症状が続く場合は腸で水分吸収が上手くできていない可能性もあります。
子供の胃腸は様々な刺激やストレスに弱いため、少しの刺激でも軟便になります。
しかし、もし症状が長く続く場合は病気が潜んでいる可能性もあるので、原因を決めつけず小児科で診てもらうと安心です。

スポンサーリンク

子供の軟便が続く時の対処方法は、まず消化の良い食事にすることや水分の取りすぎに気を付けることが大切です。
油の多い食事は消化を妨げ、水分を多く含む果物や野菜はさらに便を軟らかい状態にします。
軟便の時は、揚げ物や脂肪の多い食事、水分の多いスイカや生のトマトなどは控えるようにします。
胃腸の動きを停滞させる冷えにも注意が必要です。
夏は室内の冷房に気を付けて、寝ている時はお腹の出ないパジャマや腹巻きで冷えを予防します。
直接胃腸を冷やすかき氷やアイスなどの冷たい食べ物や氷の入った飲み物を控えることも大切です。
お腹がよりゆるくなる場合もあるので、ヨーグルトや牛乳などの乳製品の摂取量にも注意が必要です。
これらの対処法をしても症状が改善されない場合は、ストレスや他の病気が隠れている場合があるので、小児科で相談することが大切です。
まずは、食事の内容や水分の量に気を付けてお腹を温める対処方法をすることで、症状が改善されることが多いです。

スポンサーリンク