高温期5日目 腹痛 下痢 対処法

高温期5日目の腹痛・下痢の対処法

スポンサーリンク

高温期5日目には、腹痛などを感じることがあります。
妊娠超初期症状には着床痛があり、下腹部がズキズキしたり腹痛を感じるのです。
しかし、高温期5日目はまだ着床が起こっていないとされています。
5日目の着床通は、ホルモンのバランスが変化して起こってしまっているのです。
また、腹痛だけでなく下痢が続く人も多いと言われています。
下痢になってしまう理由は、風邪で熱があるような状態になるからです。
高温期は周りの温度を低く感じてしまいます。
その結果、寒気を感じてしまいお腹を壊して下痢になってしまうのです。
そういった腹痛・下痢を感じたら、あまり過度な運動はしてはいけません。
なるべく安静を心がけて、気持ちを落ち着かせることが大切です。
市販の薬を過度に服用すると、かえってホルモンバランスなどに良くありません。
まずは落ち着いて対処法を考えるのが大切です。
着床が始まるのは高温期7日目以降と言われています。
その直前である5日目は、女性にとって体調が崩れやすい時期なのです。

スポンサーリンク

高温期5日目は、腹痛だけでなく腰や子宮周辺が痛みます。
お腹に力を入れたりはせず、安静にします。
過度な運動は良くないですが、適度な運動であれば大丈夫です。
ストレスを溜めると賞状が悪化しやすいので、適度な運動にとどめてリフレッシュしましょう。
ですが、下腹部の痛みがずっと続く場合、大腸などの炎症も考えられます。
あまりにひどい時は病院へ行きましょう。
下痢の原因、吐き気によって食べ物を食べないことが原因です。
栄養を摂取しないので身体がエネルギー不足に陥ります。
対処法は、まず身体を冷やさないように温めて安静にしましょう。
少し楽になったら、食べやすいバナナ・ヨーグルトなどがおすすめです。
ポイントは、十分に水分を摂取して食物繊維などが豊富なものを食べることです。
便通が良くなり収まるのを待ちます。
この時、下剤や下痢止めを飲むのは良くありません。
高温期5日目は、とても体調に変化が現れる時期です。
完全に腹痛や下痢を治す対処法は無いかもしれません。
これから妊娠するかもしれない大事な時期ですので、高温期5日目の体調管理には気を付けましょう。

スポンサーリンク