水下痢 嘔吐 発熱 対処方法

水下痢や嘔吐・発熱の対処方法

スポンサーリンク

下痢などの症状は、冷たいものを摂取した時にも発生する事があり、誰もが一度位は経験した事がある様な症状でもあります。
しかし、症状が重い場合には、生活や仕事にも支障をきたす事になるため、対処方法を知っておくと役立ちます。
水下痢で嘔吐や発熱症状が伴っている場合には、原因として、胃腸風邪という可能性もあります。
風邪の場合には、ウィルス感染をしている事が多いですが、一般的には、1、2週間で症状は治まります。
早い人だと、2、3日で水下痢や嘔吐を出し切ってしまうと、全体的に症状が落ち着くという場合もあります。
対処法としては、我慢できる様であれば、出すものを出し切ってから、内科などの病院を受診して、お薬を処方してもらうなどもできます。
水下痢は、体内に侵入したウィルスなどの細菌を体外に排出しようとする、防御反応の一つでもあります。
嘔吐や発熱などを伴う胃腸風邪の場合でも、不要なものを出し切ってからお薬を服用した方が、効果に繋がり易い場合もあります。
医師にも症状を十分説明してから、治療や指導を受ける事もポイントです。

スポンサーリンク

水下痢で嘔吐や発熱が伴う場合、食中毒なども疑われます。
店舗などで一緒に食事をした人も、同じ様な症状が出ている場合には、要注意です。
自分でも、例えば賞味期限が切れた食べ物を食べてしまったという場合もあります。
あるいは、梅雨時など湿気が多い時期には、食べ物なども冬場より傷み易い状況になります。
振り返って該当がある様であれば、病院を受診して、適切な処置を施してもらうと、早期に症状が楽になる事も多くなります。
病院で対処方法としては、点滴をして一定時間横になるなどで、症状が落ち着く様になります。
水下痢などで、腹痛も伴って、立っていられない状態が継続する様であれば、早めに病院を受診しておくと、からだへの負担も少なくなります。
自分で市販の薬を利用して、治癒を望む場合もあります。
市販の薬を利用する場合には、排泄が多い中で服用しても、薬の効果を感じられず、一緒に排泄されてしまう可能性もあります。
嘔吐がある場合にも、薬を吐いてしまう事がありますので、症状が多少落ち着いてから、利用する事も工夫の一つです。
自分でできる対処方法としては、白湯などで、少量ずつをこまめに水分補給しておく事も重要な要素になります。

スポンサーリンク