胃腸炎 蕁麻疹 子供

子供に発症する胃腸炎と蕁麻疹の関係

スポンサーリンク

保育園や学校などで流行りやすく特に冬によく聞くのが「ノロウィルス」。
ノロウィルスにより下痢や嘔吐になることは知られていますが蕁麻疹が出る事もあります。
ノロウィルスは特に冬場で流行する感染性胃腸炎の一種です。
人間の小腸で増殖するのが特徴で感染力が強く集団生活の保育園や学校、職場で広まります。
ノロウィルスは経口と飛沫により感染経路で広まります。
生ものや加熱が不十分な二枚貝などを食べる事でも感染します。
飛沫感染もあるのでノロウィルスに感染した人の嘔吐物や便によっても感染を引き起こします。
特に子供や高齢者が感染すると脱水症状を引き起こすため、ノロウィルスに感染した時には水分補給を怠らないようにすることが大切です。
ノロウィルスに感染すると大体1〜3日の潜伏期間を経て嘔吐や吐き気、下痢や腹痛などの症状が出ます。
熱も出る事もありますが高熱まで至ることはほとんどありません。
これらの症状がノロウィルスに感染した時の代表的な症状ですがノロウィルスにより蕁麻疹が出るという人もいます。

スポンサーリンク

蕁麻疹は一度出てしまうと大体一日で消えてしまうことが多いですが消えた後、再び出たりと何度も出たり消えたりするのも蕁麻疹の特徴です。
蕁麻疹は様々な理由で出ますがその理由のひとつに胃腸機能の低下が原因として挙げられます。
内臓の一つである胃腸が弱ることで、体が弱っているというサインを知らせる為、蕁麻疹が出ることが多いです。
また、子供が風邪やウィルス性の胃腸炎などにかかってしまうと、それが原因で抵抗力が落ちて蕁麻疹が出る事もあります。
子供と長めの外出に出たり、旅行をしたりした後に疲れが出て抵抗力が落ちて症状が出やすくなります。
胃腸炎にかからない様に普段から手洗いやうがい、細菌が繁殖しない様に食べ物に注意しストレスを感じない様に生活することが大切になります。
胃腸炎になってしまった場合、胃の機能が低下しているため、おかゆなどの流動食が望ましいです。
普段よりも食事の量や回数を減らしたり、なるべく胃に負担をかけないようにすることが大切です。

スポンサーリンク