腸炎後症候群 症状 原因 対処方法

腸炎後症候群の症状の原因と対処方法

スポンサーリンク

一般的には食中毒と呼ばれている、腸粘膜などに細菌が侵入し炎症を起こす病気を「腸炎」と言います。
代表的な症状が下痢や腹痛、吐き気です。
この腸炎という病気は医療機関を受診し治療を行った後も、症状が改善しないケースがある点が大きな特徴です。
治療後も下痢が改善しない原因の一つとして、腸炎後症候群という病気を発症している可能性が考えられます。
腸炎後症候群は医療機関での腸炎の治療が不十分であった場合に、再度腸粘膜の炎症が起こり発症するとされています。
腸炎後症候群による下痢・腹痛の対処方法として、まずは消化の良い食事を意識して摂るようにしましょう。
脂分の多いメニューはできる限り控え、お粥やスープなどが消化が良いのでお勧めです。
また腸の回復には、緑黄色野菜をしっかり摂取することが重要とされています。
その為、食事は野菜スープが症状改善に最も効果的と言えます。
これらの食事の改善を行っても下痢症状が改善しない場合には、再度医療機関で検査を行って下さい。

スポンサーリンク

腸炎後症候群を引き起こさない為には、腸炎が発症した際に適切な治療を行い、腸粘膜の炎症をしっかりと完治させることが重要とされています。
まず腸炎の主な症状である下痢や腹痛、吐き気などが現れたら、放置せずに、早急に医療機関で検査を行いましょう。
腸炎は早期に治療することで完治する確率も高まりますので、症状が現れたら対処方法として、早期の受診が大切です。
腸炎の治療は腸粘膜の炎症の原因を明確にすることが重要とされています。
原因を明らかにする為、医療機関での検査は問診、触診を行った後に血液検査を行うのが基本です。
また下痢や腹痛が重度の場合は、検便や内視鏡検査が行われることもあります。
腸炎の発症はウィルス・細菌が原因の場合が殆どであり、抗生剤を用いた薬物治療が主体となります。
下痢症状は体が腸内の細菌を排出しようとしてる大切な働きの為、基本的に薬で無理に止めることはしません。
しかし下痢が続くと体内の水分が失われ、危険な脱水状態になることもありますので、点滴治療が選択されることもあります。

スポンサーリンク