過敏性腸症候群 腹痛 激痛

過敏性腸症候群による激痛と腹痛になる前にできること

スポンサーリンク

【腹痛から考えられる症状】
腹痛による過敏性腸症候群はストレスなどから激しい激痛を感じたり、または下痢になることもあります。
基本的に腹痛が起きると下痢になり排便することで軽減されることもありますが、過敏性腸症候群とは全ての方が同じ症状とは限定させることができないので、人それぞれによる体質や体調などから考えていかなければいけない症状でもあります。
また、過敏性腸症候群は腹痛で痛みを伴う場所も、激痛か軽い痛みかなど強さも異なるので注意が必要です。

 

 

【最も多く見られる症状として】
過敏性腸症候群による最も多い例として腹痛や激痛が挙げられますが、下痢や便秘などが何度も繰り返して襲ってくることもあります。
また便秘ですと、何度排便しても治まらない感覚に襲われることもあり、そしてそれが続いてしまうと激痛にも似た症状にもなりかねません。
便そのもに問題はなくても、ただトイレに行きたくなるという場合にはお腹が痛くなるという感覚も覚えてしまうことも挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

【痛みによる原因に関して】
まず挙げることができるのはストレスですが、過敏性腸症候群には朝にその症状を感じることがあり、そのため朝食を食べずにと言う考え方がありますが、その場合、結果的に激痛や下痢を避け食べないことから、それがストレスに繋がっていることが考えられ、そして悪化させていることに繋がってしまいます。
また食べ過ぎはそのままのことで、お腹が消化する処理能力が間に合わなくなり腹痛になり、または激痛にもなりかねません。
また一日に何度も食べてしまうと、同じような症状になりますので、まずは間隔を空けることが重要になります。

 

 

【具体的な対処法とは】
とにかく過敏性腸症候群は心配をしないこと、思いつめることはひどくさせる一方ですから、トイレに行きたくなればすぐに行くことです。
お薬も即効性のある物を選ぶことをオススメしますが、使いすぎには注意が必要です。
食事に気をつけることや乳酸菌で腸内環境を整えることも大切ですが、簡単なこととしてまずトイレに行くこと、お腹を温めることです。
またガスが溜まり膨満感になり脂汗が出るような激痛などの腹痛になるようなことがあればすぐに受診して過敏性腸症候群の治療を受けましょう。

 

 

スポンサーリンク