過敏性腸症候群 下腹部痛 原因

過敏性腸症候群、下腹部痛の原因とその対策

スポンサーリンク

【忙しい生活で胃や腸を悪くしている人が増えています】
情報社会の中で毎日忙しく生活していると多かれ少なかれ、誰しもがストレスを抱えながら生きています。
ストレスを感じやすい人や、長期間にわたって精神的につらい日々が続くと、腸がゆるくなって下痢をしやすくなったり、胃痛を感じたりするようになりまうす。
ここでは胃痛や下痢、下腹部痛の原因とその対策についてご紹介したいと思います。

 

 

【過敏性腸症候群の原因はストレスである可能性があります】
ストレスがたまると腸がゆるくなって下痢になり、悪化すると過敏性腸症候群になることもあります。
過敏性腸症候群になると、それまでには感じなかった小さなことにも敏感に反応するようになり、すぐに下痢になってしまいます。
下痢になるのが怖くて電車に乗れなかったり、長時間でのバスや車での移動さえ怖くなってできなくなることもあります。
その対策としては過敏性腸症候群と診断されても、その診断名をあまり気にせずできるだけ考えないようにできるだけ体を動かす時間をもつことで、症状が楽になることがあります。

 

スポンサーリンク

 

【下腹部痛の原因はさまざま】
また、最近は過敏性腸症候群だけでなく、下腹部痛を訴える人も増えています。
下腹部痛の原因としては、主に女性の場合は便秘であることが多いです。
できるだけたくさん水分を摂って便が柔らかくなるように努力してみましょう。
また下腹部痛の別の原因としては、盲腸であったり、腸がねじれていたりと言ったことも考えられます。
また、男性の場合は、原因として前立腺に何らかの異常がみられる可能性もあります。
さらに、下腹部痛の原因として、腸炎などウィルスに感染して下痢を起こしている可能性も考えられます。

 

 

【過敏性腸症候群と下腹部痛の症状が悪化した場合は病院へ】
過敏性腸症候群、下腹部痛どちらにしても、以上の対策をうっても改善が見られない場合は、思い切って病院に行きましょう。
下痢止めやストレスの原因となる不安感を和らげるような薬を処方してもらうことで治ることもあります。
自分の気持ちの持ち方と薬物療法の2方向からのアプローチで症状の改善を図り、症状の変化をみてみましょう。
医者に話をきいてもらうだけでも効果がある場合もあります。

 

 

スポンサーリンク