過敏性腸症候群 診断書 内容

過敏性腸症候群の診断書の内容とは

スポンサーリンク

【腹痛の症状】
何だかふとした時にお腹が痛いと感じる方はいませんか。
痛みが増すと集中力も欠けてしまい厄介ですよね。
ほとんどの場合、女性であればホルモンのバランスの乱れから来るものなのか、風邪菌がお腹に入ってしまったのかと察する事でしょう。
男性であれば、1日をほぼ職場で過ごすため、過度の仕事量やプレゼンの発表、出張などに対応しなければならない極度の緊張感から腹痛を来しお腹を下すなどの症状が現われる場合が考えられます。
痛み止めを飲んでも、長時間痛みが治らない場合もあります。
その様な症状は、一体何が原因なのでしょうか。

 

 

【過敏性腸症候群の疑い】
はじめに腹痛を感じたら、お腹をできるだけ温めるような食事を摂るようにしたり、浴槽に長めに浸かり早めに就寝するなどして身体を労わるでしょう。
ですが、あまりにも腹痛が続く場合は、病院で診てもらう事も少なくありません。
触診から血液検査や大腸内視鏡検査など様々な検査を受けて結果を待ちます。
ですが、医師から診断された内容によると「異常なし」とあり、特に問題がないと判断されてしまうことがあるでしょう。
実は、それは過敏性腸症候群から来る腹痛である可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

【過敏性腸症候群の診断書について】
過敏性腸症候群の場合、会社で診断書を提出するように言われることもあるかもしれません。
その場合には、病院に行って診断書を発行してもらいましょう。
診断書の内容は、過敏性腸症候群の症状の強さなどによっても異なります。
たとえば、過敏性腸症候群の症状が強く、治療の時間がかかるといった内容が書かれているものや、慢性疾患により定期的に治療の必要があるといった内容が書かれたものもあるでしょう。

 

 

昔からずっと過敏性腸症候群の症状があり慢性的になっている場合、治療に時間がかかることもあるものです。
そう言った場合には、速やかに診断書を発行してもらって会社に提出するようにしましょう。
ただし、診断書の内容はあくまでも医師からの判断による助言的なものであり、診断書の内容そのものが会社に直接的な効力を持つわけではありません。
その診断書の内容をもとに、上司と相談してどのように出勤すべきかを決めるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク