過敏性腸症候群 大腸がん 違い

過敏性腸症候群と大腸がんの違いについて

スポンサーリンク

【過敏性腸症候群とは】
現在社会はストレスが多くその結果、病気になっている人も少なくありません。
そしてその病気の一つとして、過敏性腸症候群があります。
様々な原因がありますが、ストレスもその大きな原因の一つです。
その病気は、緊張をしたりストレスを受けたりすることによって、お腹が痛くなることがあります。
また、その症状として便秘や下痢を繰り返すということがあります。
そのように、とても辛い病気です。

 

 

【大腸がんとは】
大腸がんは、以前はそんなにん患者が多くなかったのですが、最近では少しづつ多くなっています。
それは、以前の日本人の食生活と少し違ってきて、その状態も変わってきていることが原因の一つです。
そして、その症状としてなかなか見つけにくいと言うところも辛いところですね。
血便が見られるということがありますが、それはかなり進行した状態で見られる症状です。
その以前に、便秘や下痢を繰り返していると言う場合、大腸がんの危険性があるので受診をすることが大事です。
早期発見程、回復が早くなるので、少しの異常を感じた時には受診をするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【過敏性腸症候群と大腸がんの違い】
過敏性腸症候群も大腸がんも大腸の病気です。
そして困ったことに、よくその症状が似ているので違いを見つけにくいということです。
そのため、過敏性腸症候群である場合も大腸がんかも知れないと思う事もあります。
その違いは、なんといっても過敏性腸症候群はガンではなく、大腸がんはガンであるということが大きな違いです。
また、違いとして過敏性腸症候群はストレスを受けた時に腹部が痛くなり、大腸がんは初期にほとんど腹部が痛い症状がありません。

 

 

【それぞれの対処方法】
過敏性腸症候群も大腸がんも、便秘がひどくなったり、下痢がひどくなることがあります。
その症状がある場合は、病院を受診して検査を受けましょう。
するとその違いを、明らかにすることができます。
まず、血液検査で違いを知ることができますね。
そしてまた、内視鏡検査でも違いを知ることができます。

 

 

スポンサーリンク