過敏性腸症候群 仕事 辞める 選択

過敏性腸症候群なら仕事を辞めるのも選択の一つ

スポンサーリンク

【その腹痛、過敏性腸症候群の可能性も!】
仕事のプレッシャーから急にお腹が痛くなるという経験はありませんか?通勤電車の中で急にお腹が痛くなり、駅のトイレに駆け込んだり…。
商談の前の腹痛に冷や汗を流したり…。
どうしても我慢できず仕事の最中に席を外すことになったり…。
検査で何の異常もみられないにも係わらず便秘や下痢の症状がある場合、過敏性腸症候群という病気の可能性が高いです。

 

 

【過敏性腸症候群の原因と対処法】
過敏性腸症候群の主な原因で挙げられるのはストレスと言われています。
日本をはじめ先進国の様々な国で、過敏性腸症候群の患者は増加しています。
例え一つ一つのストレスがそれほど大きいものではなくとも一人で抱え込んでしまうとストレスが重なり、敏感な胃腸を刺激することで過敏性腸症候群の症状が出やすくなります。
対処法は、原因を取り除いたり、原因に対する時間を選択し、減らすことにあります。
気分転換をしたり趣味を見つけたりするなど、少しでもストレスを断ち切ることを始めてみましょう。
自分の気分のいい方向に生活を選択することで、ストレスが軽減するかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【思い切って辞めるという選択も】
大事な仕事や商談の度に腹痛が起こると退職を考える人もいるかもしれません。
ストレスの原因が仕事にある場合、思い切って辞めると言う選択も必要です。
実際に辞めることで腹痛が治まったという人は珍しくありません。
辞めることなく続け、ストレスが断ち切れずにそのままでいる、といつまでも過敏性腸症候群の症状は消えず、便秘や下痢に悩まされることになります。
特に男性などは一度就職した会社の仕事を辞めると言うのは難しい選択かもしれませんが、なにより自分の身体、健康が大切です。
現在の仕事のやりがいや役職などもあるでしょうが、もっと自分に合う環境の仕事もあるかもと検討してみてください。

 

 

【お腹の健康を保つために】
辞める他にも過敏性腸症候群が改善し、これから快適に暮らすためにお腹の健康を保つことは重要です。
食事や入浴の時間を一定にするなど生活のリズムを整え、心と体のバランスを保ちましょう。
また、適度な運動をし、3食バランスのとれた食事をし、睡眠時間をしっかりとることも重要です。
一番は仕事を辞めるなど原因を取り除くということに変わりはありませんが、他にも色々な選択肢があります。
自分なりのストレスの取り除き方を見つけリラックスすることで、腸内の環境を整えていきましょう。
ストレスを取り除くことができない、いつまでも腹痛が治まらないと言う場合は一人で悩まず、病院という選択肢もあります。
もちろん最終手段ではないので不安に思ったら相談しましょう。
きっと悩みが軽減されますよ。

 

 

スポンサーリンク