ブスコパン 過敏性腸症候群 ガス 効果

過敏性腸症候群でガスが溜まる…ブスコパンの効果とは?

スポンサーリンク

【お腹の痛み】
辛いお腹の痛みに長い間さらされている方は沢山います。
病院で定期健診を受けても、どこも悪くないけれど、会議の前にはお腹が痛くなったり、通勤の途中でお腹が痛くなったりして困られることは多いのです。
ガスばかり出て困っている方も辛い思いをされれいます。

 

 

【誰にも言えない】
お腹が痛い、とは、最初は言えても、度重なると、格好悪くて言いずらくなります。
ましてや、ガスが頻繁に出る、等と同僚に言える人は少ないでしょう。
職場でガスを出すわけには行きません。
恥ずかしいと思われます。
ガスが出ても、誰にも言えないので、余計にストレスがかかってしまいます。
クリニックで、ガスに困っている、と相談してみましょう。
ガスで困っている方は密かに多くいらっしゃいますので、ガスは特別なことではない、とお医者様は言います。
まず、相談することで、ストレスから解放されましょう。

 

スポンサーリンク

 

【対処方法】
健康なんのに、出すぎてしまうガスや、腹痛は、過敏性腸症候群だと言われています。
ストレスの悪い効果があらわれて、過敏性腸症候群になるとも言われています。
過敏性腸症候群や、ガスに効果的な薬は、ビオフェルミン等、乳酸菌がよいと言われています。
痛みが激しい時に効果的な薬はブスコパンです。
ブスコパンは胃腸の働きを止める薬なので、痛みは和らいでいきます。
しかし、恒常的にブスコパンを使うよりも、普段から、乳酸菌等を効果的に摂取して、痛い時にブスコパンを使われるのが良いでしょう。

 

 

過敏性腸症候群は、ストレスからくることも多いので、ストレスを発散させるように、良く休み、体を動かしてリフレッシュすることが効果的です。
ブスコパンは効果的な薬ですが、暴飲暴食をした後にブスコパンを飲んだりするのは良くありません。
ブスコパンを効果的に使えるよう、過敏性腸症候群と正しく向き合いましょう。

 

 

【目的を決める】
過敏性腸症候群と分かったら、ストレスの対策をしましょう。
職場で、挨拶できる人を増やす、歩く時に空を眺める、等小さなことで良いので、一歩ずつ目標を決めてクリアしていきましょう。
過敏性腸症候群は、直ぐに発症して、直ぐに治るものではありませんので、ブスコパン等、薬の力も借りながら、気長に治していきましょう。

 

 

スポンサーリンク