嘔吐下痢症 幼稚園 出席停止

出席停止は必須?幼稚園児が嘔吐下痢症になった時の対処方法

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症とは】
嘔吐下痢症とは、その診断名の通り、嘔吐と下痢が主症状の病気です。
そして一番困ることとして、人に感染しやすいということです。
その嘔吐下痢症は、ロタウィルスによって感染します。
その為、その感染を防止することは、とても大切なこととなります。

 

 

【嘔吐下痢症になった時の対処方法】
嘔吐下痢症になると、まず食事が取れなくなるので、病院を受診することが大切です。
そしてもしも、脱水になっていたりすると、点滴などの治療を受けることもあります。
ほとんどの場合は、内服薬を処方されて帰宅します。
嘔吐と下痢を繰り返すので、かなり体力を消耗することになり、その病気に感染した人は、かなり辛いです。
そのため、安静にして休むことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【幼稚園児の嘔吐下痢症】
幼稚園児が嘔吐下痢症になった時、まず脱水に気をつけるようにしましょう。
そして、安静にすることが大事です。
大人が嘔吐と下痢になっても、体のだるさなどがあるので、子供にしたらとても辛いことですね。
その気持ちを理解してあげることも、とても大切です。

 

 

【嘔吐下痢症で大切な事】
その病気になった時、ほかの人に感染させないことが重要です。
そのため、幼稚園児の場合は出席停止をさせることが大事です。
それは、もしも出席停止をせずに幼稚園にいった時は、ほかの幼稚園児に感染してしまい、出席停止の幼稚園児が増えることになります。
感染力が強いので、大変なことになるのです。
そしてそのことは、幼稚園児だけではなく、大人の場合も同様です。
嘔吐と下痢がある時には、嘔吐下痢症を疑い、休むようにします。
幼稚園では、そのことを幼稚園児の両親に、出席停止することが周知しています。
そしてそれを守ることによって、ほかの子供の出席停止を防ぐことができます。
ウィルス感染でも、特に感染力が強いのが、この病気です。
そのため、出席停止になることが多いです。
ほかの感染症でも、感染力が強いものは出席停止となります。

 

 

スポンサーリンク