嘔吐下痢症 検査 何科 病院

嘔吐下痢症の検査と、病院は何科を受診すればいいか

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症について】
嘔吐下痢症とは、嘔吐と下痢を繰り返す、とても辛い病気です。
それは、ロタウィルスによって感染をします。
そのため、身近な人が感染をしていて、その症状がある時、自分も感染をする恐れがあるということです。
そのような人が多いところに出かけることによって、感染の確率が上がることになります。

 

 

【嘔吐下痢症と検査】
嘔吐下痢症を調べる検査があります。
しかし、その検査を行う病院は少ないです。
それは、その検査結果が出るのがすぐではないからです。
その為、その検査をするよりも、患者さんから知り得た情報や、その時期の感染具合等を総合して、診断をすることが多いです。
嘔吐を繰り返している、下痢もひどいと言う症状がある人は、まず検査よりも診断をされます。
その症状が長く続くという場合は、その感染症でない確率もありますので、その場合は他の疾患との鑑別診断のために、採血等の検査を行います。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐下痢症は何科を受診するのか】
嘔吐下痢症になった時、一般的には何科の病院を受診するかと言うと、内科の病院になります。
何科を受診するのか迷った時には内科がいいです。
内科の病院を受診すると、その時期に流行っている場合は、その診断名になります。
また、嘔吐下痢とその他の症状がある時、ほかの疾患を疑った時には、内科の病院からほかの何科の病院に紹介をしてもらうことができます。
そして何科がいいのか、不安という場合はかかりつけの病院を受診することが一番です。
嘔吐下痢症は、その病院でも診断をすることができる、有名な疾患です。
そのため、何科か迷った時にはかかりつけの近くの何科の病院でも、大丈夫です。

 

 

【嘔吐下痢症で気をつけること】
嘔吐下痢をしている時には、まず嘔吐下痢症であると疑って、その症状をほかの人に感染させないことが大事です。
感染力が強いので、嘔吐した嘔吐物等を触ることによって、感染をすることがあります。
そのため、嘔吐のあった場所やトイレなど、綺麗に掃除をすることが大事です。

 

 

スポンサーリンク