嘔吐下痢症 洗濯方法

嘔吐下痢症の洗濯方法について

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症の感染力】
嘔吐下痢症になると、嘔吐を我慢することができなくなります。
そのため、どこでも嘔吐をすることがあります。
そして特に子供の嘔吐下痢症の場合は、その傾向が強くなりますね。
子供は嘔吐下痢症に感染をする機会が多いので、かかりやすいのです。
しかも、我慢をすることができないこともあるので、廊下等に嘔吐をすることがあります。
そしてその廊下に置いている嘔吐物によって、嘔吐下痢症がほかの子供たちに感染をすることがあります。
また、大人であっても同じ事が言えるのです。
そのため、その感染を食い止めることは、とても重要なことです。

 

 

【嘔吐があった時の対処方法】
嘔吐があった時、その嘔吐をぬぐいとったタオルなどは、全て洗濯をします。
そのままにしていると、感染をするからです。
そのぬぐい取るのは、ペーパーで行います。
そしてそのペーパーは破棄します。
その後は、タオルなどで拭き取ります。
一番いいのは、ペーパータオルと一緒に捨てることです。
しかし度々嘔吐を繰り返すので、そんなこともできないですね。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐下痢症の洋服などの洗濯方法について】
嘔吐下痢症の場合は、その洋服などを消毒液を使って浸透させる洗濯方法があります。
その洗濯方法としての消毒液は、かなり刺激が強い液体なので、必ず手袋をして使用します。
洗濯方法の液は、塩素系漂白剤です。
その塩素系漂白剤に、基準通り漬け込んだ後、そのものだけを洗濯します。
洗濯方法として、ほかの人の衣類と一緒にしない事が大事なのです。
そしてまた洗濯方法として、しっかりと基準通り付ける事が大事です。
そのようにしっかりした、洗濯方法によって、感染している洋服を綺麗にすることができます。
後の洗濯方法は、バケツで個別に洗濯をします。
その洗濯方法も大変ですが、感染を予防するためにはそれを行う事がベストです。

 

 

【嘔吐下痢症の扱いで特に注意すること】
その洗濯物等を触る時には、手袋を使う事がとても大事です。
そして使ったあとは、破棄します。
手洗いも厳重に行いましょう。

 

 

スポンサーリンク