嘔吐下痢症 検査方法 診察

嘔吐下痢症の検査方法と診察について

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症になったら】
嘔吐下痢をしていると、嘔吐下痢症になった事がある人なら、まずその病名を疑います。
それは、一度なるととても辛いことを知っているので、忘れる事ができないからです。
そして病院を受診することになります。
その時、自分が嘔吐下痢をしている場合は、誰かに付き添ってもらうことがベストです。
すると、もしも具合が悪くなった時に、助けてもらうことができます。

 

 

【嘔吐下痢症の検査方法】
嘔吐下痢症をしっかりと診断するためには、検査をすると思いがちです。
その検査というものもあり、それをすることによって、はっきりと知ることができます。
しかし、嘔吐下痢が流行している場合は、あえて検査方法を行うことはまずないです。
それはその検査方法を行ったとしても、その結果がその時にわからないからです。
そのため、ほとんどの医療機関は検査方法を実施することなく、診断をします。
しかし、ひとつだけ心配なことがあります。
それは、その症状が嘔吐下痢症に似ていると言っても、違う場合もあるということです。
違い場合は、検査方法が必要となります。
その検査方法として、まず採血があります。
採血は、検査方法として外すことができません。
また、検査方法として尿や便等を採取することもあります。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐下痢症の診察内容】
嘔吐下痢になった時、一番最初にするのは喉の診察です。
喉をみて、腫れている場合はその薬が処方されます。
また嘔吐下痢症と風邪が重なっていると思うこともあるので、喉は必ずといっていいほど診察をします。
そして胸を診察します。
この診察方法は、聴診器です。
また、腹部を診察して、腸の音が亢進していないか調べます。
その他は、視診等の診察があります。

 

 

【嘔吐下痢症の診察を受けた後のこと】
嘔吐下痢症の診察を受けて、脱水があると心配される場合は、点滴などの治療を行います。
そして、その症状に応じて内服薬が処方されます。
その後は、できれば安静にすることが望まれます。

 

 

スポンサーリンク