嘔吐下痢症 出席停止期間

嘔吐下痢症の出席停止期間について

スポンサーリンク

【嘔吐下痢症の症状】
嘔吐下痢症になると、嘔吐だけの場合もあれば下痢だけの場合もあります。
だいたい、どちらの症状として見られることが多いので、その両方の症状を合わせて嘔吐下痢症と診断されることが多くなっています。
そしてその症状としては、軽いものから重いものまで様々です。
もしも風邪をひいている時に、嘔吐下痢になることもあるのです。
その場合は、ダブルパンチを受けたように辛い症状になりますね。
また、体力が弱っている時には、なかなか回復するのに、時間がかかることもあります。
そのため、だいたい3日間ぐらいで軽快することが多いですが、それは人それぞれの状態によって違いがあります。

 

 

【嘔吐下痢症になった時の対応】
嘔吐下痢症になった時には、学校を休むことになります。
できれば仕事も休むことが望まれます。
その休むと言うのは、感染をしてしまうことが心配だからです。
感染症として、基準があるのでその通りに従って休むことになります。

 

スポンサーリンク

 

【嘔吐下痢症の出席停止期間】
嘔吐下痢症に感染すると、その症状が3日間ぐらい続きます。
そのため、嘔吐下痢症になったら休むことが大切です。
それは、一番心配されるのは脱水になってしまうということです。
食事を取ることができない、水を飲んでも嘔吐をしてしまうことが多くなります。
そのような状態では、学校などにいくことができません。
そして出席停止期間があって、それを守ることが必要となります。
その出席停止期間は、嘔吐下痢の状態が落ち着くことが大事です。
嘔吐をしていないけど、下痢をしているという時は、出席停止期間となります。
また、同じように嘔吐が続くという場合も、出席停止期間となるのです。
そして大事なこととして、人それぞれ状態が違っているので、その出席停止期間も違いがあります。
もしも体力が戻っていなかったら、その出席停止期間は、伸びることになります。

 

 

【出席停止期間にすること】
出席停止期間は、安静にすることが大事です。
動くと、嘔吐をしやすくなります。
また、できるだけ人との接触は避けましょう。

 

 

スポンサーリンク